このページの先頭です

災害時の水の確保について

最終更新日 2019年3月22日

災害時給水所

横浜市では、地域防災拠点などへの応急給水のため、配水池、災害用地下給水タンク、緊急給水栓等を災害時給水所として整備しています。
災害時には、各家庭での備蓄と併せ対応します。
詳細は災害時給水所(水道局ページ)をご覧ください。また、災害時給水所の場所は「スイスイまっぷ」で確認することができます。

発災後おおむね3日間の応急給水

災害用地下給水タンク・配水池

災害用地下給水タンクと配水池を合わせておおむね半径1キロメートル圏内で飲料水の確保ができるよう整備しています。
災害用地下給水タンクは地域防災拠点等の小・中学校を中心に、公園などに設置されており、通常配水管の一部として水道水が流れている地下式の貯水槽で、水圧が下がると流入、流出の弁が閉まり、飲料水が貯留される構造になっています。
発災後おおむね3日間、地域の皆さんによって仮設の蛇口を取り付け、給水することができます。

泉区災害用地下給水タンク・配水池一覧
区分設置場所
小学校緑園東、中和田、葛野、岡津
中学校中田、泉が丘、いずみ野、領家
その他県営いちょう団地
配水池高塚

発災から4日目以降(緊急給水栓)

緊急給水栓

緊急給水栓は、地域防災拠点の小・中学校等に設置しています。災害時、地震に強い管に臨時の給水装置を取り付けて給水する施設です。おおむね発災4日目以降、水道局職員が断水状況を踏まえ、順次、仮設の蛇口を取り付けます。

泉区の緊急給水栓一覧
区分設置場所
小学校緑園東、中和田南、和泉、飯田北、上飯田、新橋小
中学校いずみ野、泉が丘、領家、中田、中和田、岡津
公園しらゆり、領家三丁目、西が岡二丁目
その他泉区総合庁舎、緑園都市駅前

災害時応急用井戸の指定

横浜市では井戸所有者の方々に御協力をいただき、災害時に生活用水を提供していただける井戸を「災害応急用井戸」として指定し、地域の方々に利用していただけるよう災害応急用井戸指定プレートの掲出と、災害応急用井戸指定名簿の公表を行っています。指定にあたっては、一定の水質基準を満たすこと、井戸の設置場所が清潔であることなど、指定要件があります。災害応急用井戸追加指定の申し込みは、所在地の区役所生活衛生課で受け付けています。泉区内には、平成26年3月末現在で481の井戸が指定されています。

関連先リンク:災害時の衛生対策のページ

<問い合わせ先>
生活衛生課生活衛生係(3階314番)
TEL:045-800-2451
FAX:045-800-2516

ご家庭での飲料水確保

各家庭で水の確保が重要になります。1日1人最低3リットルの飲料水が必要です。万一に備えて、まず、ご家庭で3日分の水の備蓄を心がけましょう。

水缶の販売をしております。

詳しくは「はまっ子どうしTheWater」・「横浜水缶」の配達(水道局ページ)をご覧ください。

このページへのお問合せ

泉区総務部総務課

電話:045-800-2311

電話:045-800-2311

ファクス:045-800-2505

メールアドレス:iz-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:104-105-437

先頭に戻る