このページの先頭です

自治会町内会等(町の防災組織)

最終更新日 2020年9月17日

町の防災組織向け研修

町の防災組織を対象とした自助・共助に関する研修会を開催しています。
詳細は 「 町の防災組織研修会 」 のページをご覧ください。

※研修で使用した資料は後日掲載します。

防災担当者向け情報

町の防災組織運営マニュアル

災害に備え、町の防災組織(自治会町内会・管理組合など)が主体となって平時の防災活動及び災害発生時の対応を行えるよう、基本的な活動を示した「町の防災組織運営マニュアル(ひな形)」を作成しました。
地域の特性や自治会町内会等の体制に合わせ、必要な部分を修正してご活用ください。

<書式ダウンロード>
〇 町の防災組織運営マニュアル(本編・ひな形)(ワード:45KB)
〇 災害発生時対応フローチャート(ワード:84KB)
〇 マニュアル別紙(防災組織編成表)(ワード:20KB)

防災プログラム

防災プログラムは、個人や町の防災組織の防災訓練等で実践することで、体験的に防災について学ぶことができるプログラムです。
楽しみながらロープワークなどの防災スキルを学ぶことができる「アウトドア防災プログラム」と地域内での助け合い(共助)について学ぶ「共助推進プログラム」があります。

〇 アウトドア防災プログラムのページ
〇 共助推進プログラムのページ 

町の防災組織活動事例集「ヨコハマの『減災』アイデア集」

横浜市内の町の防災組織(自治会町内会等)が行っている防災活動の事例集です。
活動方法や取り組み内容の参考としてください。

町の防災組織活動事例集「ヨコハマの『減災』アイデア集」(PDF:12,068KB)

災害時要援護者支援の取組み

災害時に援護が必要な方(高齢者や障害をお持ちの方など)を地域ぐるみで守るための取組みです。
区役所と協定を結ぶことで、行政が保有する要援護者名簿を自治会町内会にて保管することができます。詳細は泉区役所総務課防災担当までお問合せください。

〇 災害時要援護者支援のページ
〇 災害時要援護者支援の手引き(PDF:7,036KB)
〇 活動事例集(PDF:36,326KB)

木造住宅密集地域延焼防災対策(感震ブレーカー・軽可搬ポンプ)

木造住宅が密集した住宅地で、延焼火災による被害を出さないための取組です。

〇 木造住宅密集地域延焼防災対策(感震ブレーカー・軽可搬ポンプ)

防災出前講座・訓練用防災資機材の貸出

泉区では、区役所職員が地域に出向いて実施する防災出前講座を実施しています。
また、体験的な防災訓練等を実施するための資機材を貸し出しています。
詳細は、「 防災出前講座・防災訓練資機材の貸出し 」 のページをご覧ください。

防災活動に対する補助金

横浜市では、町の防災組織が行う防災活動に対し、1世帯当たり160円の防災活動費補助金を交付しています。
詳細は 町の防災組織活動費補助金 のページをご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

泉区役所総務課防災担当

電話:045-800-2309

電話:045-800-2309

ファクス:045-800-2505

メールアドレス:iz-bousai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:819-885-194

先頭に戻る