このページの先頭です

1 総則 ~まずは知っておきたいこと~

最終更新日 2019年3月22日

泉区防災計画 震災対策編 概要版 泉区役所 平成25年5月

1 被害想定

みなさまがお住まいの泉区はどのような街で、震災が起きた時、どのような被害が発生するかを知っておきましょう。

■元禄型関東地震では泉区内で 最大震度6強 が想定されます。
■区内ではこんな被害が予想されます。

  • 揺れによる建物全半壊棟数 6,239棟
  • 建物倒壊による死者数 45人
  • 火災による焼失棟数 3,339棟
  • 火災による死者数 55人

元禄型関東地震想定震度分布図の画像
元禄型関東地震想定震度分布図

元禄型関東地震想定焼失棟数図の画像
元禄型関東地震想定焼失棟数図


【元禄型関東地震】
相模トラフ沿いを震源とする関東地震は、これまで1923年に横浜市で甚大な被害をもたらした大正型関東地震の再来が懸念されていました。しかし、東日本大震災を経て、想定外の事態をなくそうという考えから、発生確率は低いものの、大正型関東地震(南関東地震)よりも市内の震度が大きく、津波の影響も考えられる地震です。1703年に発生しました。

2 行政・区民・事業者の責務

被害を小さくするためには、行政、区民、事業者がそれぞれの役割を理解して、対策を行うことが必要となります。

○行政の責務・・・区はその組織及び機能を挙げて防災対策を講じます。
○区民の責務・・・自助として備蓄や訓練参加などにより防災力を高め、共助として地域の助け合いを大切にします。
○事業者の責務・・施設や設備の安全性の確保、備蓄や訓練など震災対策を推進します。

◆泉区防災計画(震災対策編)にもどる      次へ


このページへのお問合せ

泉区総務部総務課

電話:045-800-2311

電話:045-800-2311

ファクス:045-800-2505

メールアドレス:iz-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:192-464-582

先頭に戻る