このページの先頭です

「磯子の風だより」No.9

最終更新日 2018年12月26日

「大都市制度フォーラムin磯子」を開催しました。

11月28日(土曜日)、「大都市制度フォーラムin磯子」を、磯子公会堂で開催しました。 このフォーラムは、横浜市が目指す大都市制度「特別自治市」について、市民の皆さまに理解を深めていただくことを目的にしています。
難しいテーマではありますが、できるだけ多くの方にご参加いただきたいという思いから、地域の皆さまをはじめ、様々な団体や区民の皆さまにお声かけさせていただき、またPRにもご協力をいただきました。おかげさまで、さわやかな秋晴れの中、来場者数が約550人と、大変多くの方にお越しただき、厚くお礼申し上げます。

開場から開会までの間は、「杉劇リコーダーず」の皆さまに演奏していただき、開会にあたっては、磯子区連合町内会長会の高田会長からご挨拶をいただきました。
第一部は、林市長から「魅力と活力あふれる都市の実現に向けて」というテーマで基調講演を、第二部は洋光台連合自治町内会の三上会長から「地域主体のまちの再生と活性化の取組」というテーマで活動報告をお話しいただきました。
第三部は「横浜市が目指す大都市制度『特別自治市』とは?」というテーマで、女優の斉藤由貴さん、柏崎副市長、私の3人で、座談会を行いました。

「特別自治市」の内容やメリットを、できるだけわかりやすくお伝えしようと、子育てや河川、がけなどを例にして区の取組と考え方をお話しさせていただきました。
当日の参加者アンケートの結果でも、多くの方にご満足いただけた状況ではありますが、今後もさらに多くの区民の皆さまに、丁寧にご説明を重ねていかなくてはならないと感じています。
区民の皆さまが、様々なお困りごとについて、「これはどこに相談したらよいのだろう」と迷うことなく、一番身近な区役所にすべて相談して解決が図られれば、これが一番のメリットとなるのではないかと考えています。

大都市制度「特別自治市」が実現すると、区役所は様々な課題に対して、区民の皆さまのご意見をより施策に反映でき、きめ細かく対応できるようになっていきます。
今後も様々な機会を通じて丁寧にご説明をさせていただき、区民の皆さまと一緒に横浜市、磯子区の未来を考え、特別自治市の実現に向けて取り組んでいきたいと思っています。

「大都市制度フォーラムin磯子」

大都市制度フォーラムin磯子の様子1
杉劇リコーダーず開会あいさつ(高田会長)基調講演(林市長)
杉劇リコーダーず開会あいさつ(高田会長)基調講演(林市長)
大都市制度フォーラムin磯子の様子2
活動報告(三上会長)座談会1座談会2
活動報告(三上会長)座談会1座談会2

平成27年11月30日 磯子区長 小林 正幸

このページへのお問合せ

磯子区総務部区政推進課

電話:045-750-2335

電話:045-750-2335

ファクス:045-750-2532

メールアドレス:is-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:472-845-373

先頭に戻る