このページの先頭です

磯子区地域運営補助金(令和2年度)

磯子区地域運営補助金とは、自治会町内会と地域の様々な団体が連携し、地域課題解決のために主体的・継続的に取り組む活動に対して、必要な経費を補助するものです。                                                                                                                                                  

最終更新日 2020年2月12日

令和2年度募集案内

1 補助金の申請について

申請期間

令和2年2月12日(水曜日)から3月12日(木曜日)まで
令和2年度募集案内(PDF:603KB)

申請方法

事前に御連絡のうえ、申請書類を区役所6階区政推進課(5番窓口)までご持参下さい。

申請書類
  1. 交付申請書
  2. 事業計画書
  3. 収支予算書
  4. 団体概要書
  5. 規約・定款その他これらに関する書類

1~4は所定の様式があります。当窓口で配付のほか、当ページ「3各種様式」からもダウンロードできます。

申請スケジュール

令和2年度磯子区地域運営補助金スケジュール

申請期間
2/12~3/12

審査

審査後
4月以降

令和3年3月下旬から4月初旬

 申請書類を提出される場合は、事前に御連絡下さい。事業内容について伺います。

区役所にて審査 交付決定、事業開始

事業実績報告書の提出


※令和2年度予算が横浜市会で議決されることを条件に交付します。

2 磯子区地域運営補助金概要

目的

磯子区内の自治会町内会と地域の様々な団体が連携・協働した、主体的・継続的な地域課題解決の取組を支援します。

対象団体

対象団体は、次の要件を全て満たす必要があります。

  • 地域の課題解決をしようとする意思のある、自治会町内会を含む2つ以上の団体が連携している。
  • 民主的な意思決定の場がある。
  • 年度を超えて継続的な取組を行っている、又は行おうとしている。

対象事業

地域の課題解決に向けた継続的な事業を対象とします。ただし、次に該当するものは対象外です。
対象とならない事業

  • 営利目的又は特定の個人や団体のみが利益を受ける事業
  • 政治活動又は宗教活動を目的とした事業
  • 同一の企画内容で他の補助を受けている事業
  • 施設・備品等の整備、購入を目的とした事業

補助金額

補助対象経費と認められる額の9割を上限とします。(1割自己負担)
上限額:50万円(1年目) 40万円(2年目) 30万円(3年目)
※予算の範囲内で交付を行います。
※申請多数の場合、交付額について減額調整をすることがあります。

補助期間

補助期間は最長3年です。ただし、年度ごとに申請いただく必要があります。

対象経費

消耗品費、印刷費、通信運搬費、交通費、材料費、報償費、保険料、使用料及び賃借料、備品費(※1)、食糧費(※2)、燃料費、委託料、その他必要と認められた経費
(※1)備品費は、購入価格の2分の1以内を補助対象経費とする。
(※2)食糧費は、補助対象経費と認められる額の10分の1以内とする。

3 各種様式

4 その他

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

磯子区総務部区政推進課

電話:045-750-2398

電話:045-750-2398

ファクス:045-750-2533

メールアドレス:is-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:327-473-242

先頭に戻る