このページの先頭です

地産地消

最終更新日 2020年3月28日

地産地消はイイことづくめ

保土ケ谷区内には、畑・果樹園・田んぼがあります。そこで作られた野菜などの直売所があり、身近に手に入れることができます。
その土地で採れたものをその土地で消費する地産地消はイイことがたくさんあります。

・収穫してからすぐに食べる新鮮さ・おいしさ
・顔が見える農家さんから買うことの安心感
・身近な農産物を食べたり、育てることで‟食”への関心や知識が高まる
・近いから輸送のCO2削減で地球にやさしい

直売所や保土ケ谷産野菜を使った飲食店を掲載した、横浜ほどがや農産物直売所マップはこちらで入手できます!

まちなか農家さんのほどがや朝市

区役所前広場にて、区内の採れたて新鮮野菜を直売する「まちなか農家さんのほどがや朝市」を開催しています。

開催日の詳細は開催日程表をご確認ください。

会場:区役所前広場

開催日:毎月原則第4金曜日(5月~7月、10月~12月は原則第2土曜日も開催)

※令和2年度より開催する曜日が変更となっています。詳細日程は開催日程表参照。

時間:午前9時30分~売切れ次第終了※荒天中止

内容:区内で採れた新鮮野菜の直売

マイバックをご持参ください!

主催:保土ケ谷区役所・”ほどがや産直便”

区役所産新鮮野菜

区内にはたくさんの農地があり、新鮮な野菜が多く作られています。

区役所でも庁舎前広場で地産地消事業の一環として、ナス、ピーマン、シシトウ、オクラ、カボチャ、小松菜をプランターで育てています。

珍しい朝顔も育てています。

2010年山崎直子さんと一緒に宇宙に行った朝顔の種の子孫です。

宇宙飛行士山崎直子さんと宇宙に行ったあさがおの種が発芽し成長

山崎直子さんと宇宙に行った朝顔の子孫の花が咲きました。

紫色の花でした。蕾も沢山あるので、これから次々に咲きます。

宇宙飛行士山崎直子さんと宇宙に行ったあさがおが開花している様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

保土ケ谷区総務部区政推進課

電話:045-334-6221

電話:045-334-6221

ファクス:045-333-7945

メールアドレス:ho-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:866-530-784

先頭に戻る