このページの先頭です

No.6 横浜国立大学と連携して『がやっこ』を育みます

最終更新日 2019年7月23日

区役所では、『がやっこ』(元気な保土ケ谷の子どもたち)を地域で育むため、横浜国立大学と連携した体験学習などを行っています。
がやっこ事業の一つ、「がやっこ探検隊」では、子どもたちは1年間(全7回)をとおして、学生や班のメンバーと一緒に体を使って思い切り遊んだり、知恵を出し合ってゲームのクリアを目指します。その他、区民まつりに出店したり、夏休みには、宿泊体験も行っています。他の学校の子ども達と色々な体験をすることで、学校や学年も違う友人ができたり、地域への愛情や生きる力を育んでいます。
7月20日に、第2回の活動が行われました。初回は緊張していた子どもたちも、参加するごとに緊張もほぐれ、活動にのめりこむとともに、大学生や別の学校の友達など様々な人と接する中で交友関係の輪を広げていました。

ほかにも、学生が小中学校で授業やクラブ活動のお手伝いをする「がやっこ先生」、横浜国立大学の先生と学生が協力して子どもたちに自然科学の不思議さや面白さを伝える「がやっこ科学教室」も行っています。

令和元年7月 保土ケ谷区長 菅井 忠彦

このページへのお問合せ

保土ケ谷区総務部区政推進課

電話:045-334-6221

電話:045-334-6221

ファクス:045-333-7945

メールアドレス:ho-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:949-541-980

先頭に戻る