このページの先頭です

No.4 横浜国立大学アフリカ出身留学生による「アフリカ紹介ブース」で地域交流!

最終更新日 2019年6月14日

「花フェスタ2019」横浜国立大学留学生がブース出展しました!

横浜国立大学と保土ケ谷区とは、さらなる相互連携の充実・強化を図るため、平成25年2月に連携協力協定を締結しています。この度、連携の一環として5月18日(土曜日)に開催された「ほどがや花フェスタ2019」において、アフリカ出身の留学生による「アフリカ紹介ブース」を出展しました。
留学生9名8ヶ国(エチオピア、ガーナ、ガボン、カメルーン、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、トーゴ及びマリ)による自国文化紹介のほか、工芸品やアフリカ原産の切花、第7回アフリカ開発会議(TICAD 7)に関するパネル等を展示しました。

参加した留学生からは「普段、なかなか地域の方と交流する機会がなかったので、交流できて嬉しい!」、「アフリカ文化に興味を持ってもらう良い機会になった!」など、地域の方と交流する機会を喜んでくださいました。また、区民の皆様にとっても、8月に開催されるTICAD7のPRとあわせてアフリカを身近に感じていただく機会となりました。

今後も地域の皆様にご協力いただきながら、8月3日開催予定の常盤台地区の「納涼盆踊り」、11月9日開催予定の新桜ケ丘地区の「昔あそびのつどい」等においても、留学生と地域の皆様との交流の機会を設けていきたいと考えています。

令和元年6月 保土ケ谷区長 菅井 忠彦

このページへのお問合せ

保土ケ谷区総務部区政推進課

電話:045-334-6221

電話:045-334-6221

ファクス:045-333-7945

メールアドレス:ho-kusei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:496-041-374

先頭に戻る