このページの先頭です

令和3年度(5月から翌年3月まで)保土ケ谷区認可保育施設・事業入所申請について

最終更新日 2021年4月5日

保土ケ谷区内保育園情報について

申請にあたって

  • 対象者は、保土ケ谷区民の方です。保土ケ谷区外にお住まいの方は、お住まいの区の区役所又は、自治体で申請してください。
  • 希望の保育施設・事業をあらかじめ見学のうえ、通園可能か確認してください。
  • 入所日は、入所希望月の1日です。原則として入所日を遅らせることはできません。
  • 令和4年1月、2月及び3月の入所は、令和4年4月入所の利用調整を先に行う関係で、空きがある場合も利用調整が行われないことがあります。4月以降も引き続き入所を希望する場合には、別途、令和4年4月入所の申請も必要となります。
  • 転園申請が成立した場合、辞退をしても現在の園は退園していただきます。そのため、転園希望がなくなった場合は、必ず申請の取下げの手続きをしてください。
  • 申請は原則郵送です。ただし、以下に該当する方は郵送での受付は行っておりませんので、まずは区役所にお電話でお問い合わせください。
郵送受付ができない申請について
番号申請の種類申込方法
1障害のある又は配慮が必要なお子様の保育所等への入所申請至急、お住まいの区の区役所へご相談ください。
2区内にお住まいで市外の保育所等への入所申請希望する自治体の締め切り1週間前までに申請が必要です。
3横浜市外にお住まいで区内の保育所等への入所申請(転入予定者含む)

入所希望月の前月10日(土日祝日に当たる場合は、前開庁日)までに、現在お住まいの自治体から、保土ケ谷区役所へ届くよう手続が必要です(自治体によって手続が異なる場合があります)。


申請方法

申請期限

入所希望月の前月10日となります(土日祝日にあたる場合は、前開庁日)。

  • 締切日必着です(当日消印有効ではありませんので、ご注意ください)。
  • 郵送用封筒は私製の封筒でかまいません。区役所から受付をした旨のお知らせは行いませんので、ご心配な方は簡易書留等の方法をご検討ください。
  • 期日を過ぎて届いた書類は、入所希望月の翌月以降の対象となります。
  • 申請順や入所待ちの実績は利用調整に一切関係ありません。
  • 土曜開庁日は保育所入所関連業務はお取扱いしておりません。

提出先

(1) 郵送
240-0001
保土ケ谷区川辺町2-9
保土ケ谷区こども家庭支援課 保育担当行 
※ 締切日必着となります(当日消印無効です)。
※ 郵送代は申請者ご自身の負担になります。
(2) 窓口
保土ケ谷区役所 本館3階 こども家庭支援課 34番窓口
※窓口でも受付いたしておりますが、長時間お待たせする可能性がありますので、あらかじめご了承ください(郵送と同じ書類をご用意のうえ、可能な限り公共交通機関を利用してお越しください)。

入所の可否について

  • 入所希望月の前月下旬に選考を行い、入所可能者にはお電話にてご連絡します。
  • 保育所等の利用が決定した場合には、「施設・事業利用調整結果通知書」を送付します。
  • 利用が決まらなかった場合には、「施設・事業利用調整結果(保留)通知書」を送付します。
  • 「施設・事業利用調整結果(保留)通知書」は、申請を受けた後の最初の利用調整のとき及び希望園を追加したときにのみ発行します。以降は、保留の状態が継続し、毎月の利用調整の対象となります。
  • 令和4年4月以降の利用調整については、別途申請が必要です。
  • 保留の状態で入所の希望がなくなった場合は、申請の取下げの手続きをしてください。

申請に必要な書類

令和3年度 保育所等利用案内(PDF:4,626KB)」の15ページ「9 申請に必要な書類」以降を必ずお読みいただき、次の書類を全てご用意ください。
 ・ 必要書類はこちらのページからダウンロードできます

  1. 給付認定申請書 Ⓐ
  2. 利用申請書(保育所等用)Ⓑ
  3. マイナンバー記入用紙 Ⓓ、マイナンバー本人確認書類
  4. 保育を必要とすることを証明する書類 ※きょうだい分は、コピー可。
保育を必要とすることを証明する書類
番号家庭の状況必要書類
1保護者が就労しているとき

就労(予定)証明書(被雇用者・自営業者いずれも)
※就労(予定)証明書の裏面、記入要領を必ずお読みください。
※証明日の日付、就労日数・時間の記載漏れにご注意ください。

2

保護者に出産の準備や出産後の休養が必要なとき

母子健康手帳の写し(表紙と分娩予定日が確認できるページ)

3

保護者が病気・けがのとき

診断書(保育が困難な状況、傷病名、期間が記載されたもの)

4保護者に障害があるとき障害者手帳の写し(手帳番号、本人欄、障害名が確認できる部分のコピー)
5保護者が病人や要介護者を介護しているとき

・病人の診断書、又は要介護状態がわかるもの
・タイムスケジュール

6保護者が病人や要介護者の通所(通学)の付き添いをしているとき

・通園(通学)証明書
・タイムスケジュール

7

保護者が学校に通っているとき

・在学証明書
・時間割のわかる資料

 
 5.状況により必要な書類 (以下の表をご確認ください)

状況により必要な書類 (利用案内P.16-17参照)
番号家庭の状況必要書類
1

令和3年4月から令和3年8月入所の申請をされる方のうち、令和2年1月2日以降に横浜市内に転入された保護者の方
※令和2年1月1日時点で海外にいらっしゃった方は、状況により必要書類が異なりますので、必ず区役所に確認してください。

・令和2年度住民税課税(非課税)証明書
※令和2年1月1日時点の住所地の市町村で発行

2

令和3年9月から令和4年3月入所の申請をされる方のうち、令和3年1月2日以降に横浜市内に転入された保護者の方
※令和3年1月1日時点で海外にいらっしゃった方は、状況により必要書類が異なりますので、必ず区役所に確認してください。

・令和3年度住民税課税(非課税)証明書
※令和3年1月1日時点の住所地の市町村で発行

3

平成31年(令和元年)中及び令和2年中に海外でご収入を得ていた方
(区役所にお電話でお問い合わせください)

<平成31年(令和元年)中>
令和元年海外収入申告書(PDF:283KB)
・平成31年(令和元年)の海外勤務期間中の所得額や、社会保険料等の各種控除等が分かる証明書類
<令和2年中>
令和2年海外収入申告書
・令和2年中の海外勤務期間中の所得額や、社会保険料等の各種控除等が分かる証明書類

4現在認可保育所、認定こども園(保育所部分)以外の有償保育施設に通っているお子様のご申請をする場合

・在園証明書または契約書
※利用期間・利用頻度・利用料等の分かるものをご準備ください。

5

保育士資格を有する保護者が市内の認可(乳児認可含む)保育所、認定こども園、横浜保育室、小規模・家庭的保育事業に従事または内定している場合(派遣職員は除きます)。

・保育士証
・保育士就労に関する誓約書兼証明書

6申請後に希望園の変更を希望する場合や申請を取り下げる場合・利用申請取下書兼利用申請内容変更届出書
7申請後に、保護者、住所、保育を必要とする事由等の変更があった場合・認定変更申請書
8

就学前のきょうだい児がいて、利用料の多子軽減を申請する場合
※提出が必要な方については、 利用案内25ページを参照してください。

・きょうだい児多子軽減届出書        (裏:在籍等証明書)


保育所等に関する情報

保土ケ谷区こども家庭支援課(本館3階34番窓口)

窓口開庁時間
平日の午前8時45分から午後5時まで(土曜開庁時は対応しておりません)
電話 045-334-6397
FAX 045-333-6309

横浜市ホームページ(他区・認可外の情報、様式等)

横浜市ホームページ保育所・保育施設について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

保土ケ谷区福祉保健センターこども家庭支援課

電話:045-334-6323

電話:045-334-6323

ファクス:045-333-6309

メールアドレス:ho-kodomokatei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:931-093-040

先頭に戻る