このページの先頭です

横浜市公共建築物の再編整備の方針

~学校などの建替えや施設の新設にあたっては、多目的化・複合化等の再編整備を必ず検討し、市民サービスの持続的な提供、地域活性化、そして施設配置の最適化を目指します。~

最終更新日 2019年4月10日

 横浜市の公共建築物はこれまでに長寿命化の取組みや、施設の劣化度合いや重要度を加味した保全方法などの工夫を重ね、効率的な維持保全に努めてきましたが、今後、人口急増期に整備した建築物は一斉に建替えの時期を迎えます。 

 公共建築物は70年以上にわたり存在し続ける資産であり、今後、老朽化に伴う学校等の建替えが本格化することを踏まえると、将来世代の負担を十分視野に入れ、今のうちから財政負担の軽減や平準化、公共建築物の最適な配置に取り組み、施策の推進と財政の健全性の維持の両立につなげていくことが求められています。

 人口減少や人口構成の変化に伴う税収の伸び悩みなど、社会や地域のあり様が変わっていく中であっても、公共建築物が将来にわたり地域まちづくりやコミュニティに貢献し続けるためには、人口急増期のような施設整備・運営ではなく、新たな施設整備の考え方や運営を取り入れていくことが必要です。

 そこで、学校の建替え等の機会を捉え、施設の多目的化・複合化等の再編整備を進めることで施設配置の最適化、運営の効率化に取り組み、必要な市民サービスを持続的に提供するとともに地域の活性化を目指します。

「横浜市公共建築物の再編整備の方針」を策定しました。(平成30年2月15日)

市民意見募集の結果について

本方針の策定に先立ち、素案についてご意見を伺いました。誠にありがとうございました。
いただいたご意見の概要と、それに対する考え方・対応を次のとおりまとめました。

【受付期間】平成29年10月24日~11月27日
【受付数】提出者数 32人 意見数 65件

市民意見募集実施結果(PDF:321KB)

市民意見募集の結果
意見の対応意見数
意見を反映し、素案を修正したもの5件
素案と同趣旨又は賛同されたもの8件
素案に反対されたもの2件
方針に基づき具体的な取組を進める上で参考とするもの24件
方針と直接関係がみられない質問・問合わせ等26件
合計65件

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

財政局公共施設・事業調整室公共施設・事業調整課

電話:045-671-3803

電話:045-671-3803

ファクス:045-651-7599

メールアドレス:za-kokyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:503-288-760

先頭に戻る