このページの先頭です

インターネット回答 よくある質問Q&A

最終更新日 2020年9月18日

このページの目次

インターネット回答方式に関するQ&A

ログイン操作、回答送信に関するQ&A

セキュリティに関するQ&A

インターネット回答方式に関するQ&A

Q
インターネット回答は、どのように行うのですか?
A

各世帯へ届けられる書類の中に、利用者情報(ログインID・アクセスキー)が記載された『インターネット回答利用ガイド』が入っています。その利用ガイドを参考に調査に回答します。
回答期間は、9月14日から10月7日までです。
(関連ページ)インターネット回答 かんたん操作ガイド

Q
インターネット回答は、安全なのですか?
A

前回の平成27年国勢調査から、全国的にインターネットでの回答ができるようになりました。
インターネット回答の導入にあたっては、暗号化通信をはじめとするさまざまな安全対策を講じています。不正なアクセスなどの監視を24時間行っており、回答いただいたデータは厳重に守られますので、安心してご回答ください。
詳しくは次のQAを参照してください。


Q
インターネットで回答するメリットは、何ですか?
A

日中に不在がちの方や、仕事で帰りが遅くなる世帯であっても、いつでも好きな時間に回答ができます。紙の調査票と比べて、マークシートの塗りつぶしが不要で、郵便ポストに投函する手間もありません。提出が簡単なだけでなく、インターネットの画面は入力しやすく、入力内容のチェック機能により、勘違いによる誤入力や調査項目の記入漏れを防ぐことができ、短い時間で正確に回答できるよう作られています。
また、回答する方にとって便利なだけでなく、インターネット回答に参加する人が増えると、調査票の郵送料や輸送するトラックを減らせることから、経費やCO2排出量の削減にもつながります。
その意味でインターネット回答は、人にも環境にも優しい回答方法といえます。

Q
パソコンがないと、インターネットでの回答はできませんか?
A

「国勢調査オンライン」のシステムは、スマートフォンやタブレット端末からでも、パソコンと同じように回答できるようになっていますので、ぜひご利用ください。

Q
パソコンやスマートフォンを使えない(持っていない)のですが、インターネットで回答しなくてはいけないのですか?
A

すべての世帯がインターネットで回答しなくてはいけないのではなく、回答方法は世帯の希望により、「インターネット回答」と「調査票(紙)の郵送提出」のどちらかを自由にお選びいただけます。
インターネットで回答する環境がない、または回答が難しい場合は、調査票(紙)の郵送により提出してください。

Q
インターネット回答は、どのくらいの時間でできますか?
A

単身(一人暮らし)世帯の入力で10分程度、4人世帯分の入力で20分程度です。(※あくまで目安です。)

Q
インターネットで回答が可能な時間帯はありますか?
A

期間中(9月14日から10月7日まで)は、24時間、いつでも都合がつく時間に回答できます。仕事で帰宅する時間が遅くなったり、日中不在がちにすることの多い世帯には、インターネット回答をおすすめします。

Q
外国人でも回答できるように、外国語で表記されたページはありますか?
A

今回の「国勢調査オンライン」は、英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語、ベトナム語、ポルトガル語、スペイン語の6言語に対応しています。
画面の上部にある「日本語」の表示をクリックすると、希望する言語設定に変更できます。

Q
家族が5人以上いますが、インターネットで人数分の入力ができますか?
A

9人まで入力できます。10人以上の世帯では、紙の調査票での回答になります。

Q
パソコンの場合、画面の文字サイズは大きくなりませんか?
A

「国勢調査オンライン」では、文字の拡大機能が備わっています。画面の左上にある「文字サイズ」で大きさ(小・中・大)を設定してください。
また、キーボードをお使いであれば、「Ctrl(コントロール)」キーを押しながら、「+」キーまたは「-」キーを押すことで、画面のサイズを大きくしたり小さくしたりすることもできます。

Q
IDが入った『インターネット回答利用ガイド』を紛失してしまいました。再交付してもらえますか?
A

『インターネット回答利用ガイド』に記載されている利用者情報(ログインID等)は1世帯に1枚の割り当てです。世帯からの回答データの管理に万全を期するため、紛失したり破損・汚損した場合は、再交付ができないことになっています。
このような場合には、一緒に配布してある紙の調査票に記入していただき、郵送提出用封筒で郵送提出してください。

Q
IDが入った『インターネット回答利用ガイド』を紛失してしまいました。他の世帯のものを借りて回答してもよいですか?
A

『インターネット回答利用ガイド』に記載されている利用者情報(ログインID等)は世帯ごとに専用の情報となっており、他の世帯のものを借りて回答することはできません。他の世帯のIDを使ってログインすることは、なりすまし行為とみなされるおそれもあります。
また、『インターネット回答利用ガイド』は再発行できませんので、もしも紛失した場合は、一緒に配布してある紙の調査票に記入していただき、郵送提出用封筒で郵送提出してください。

Q
『インターネット回答利用ガイド』は、回答後も保管しておく必要はありますか?
A

回答期間(9月14日から10月7日まで)が過ぎれば、特に保管していただく必要はありません。回答期間後に破棄して差し支えありませんが、その場合はお手数ですが、破ったりシュレッダーにかけるなど、利用者情報(ログインID)がわからない状態にしてください。
なお、インターネットで回答された後に、回答誤りなどに気づいた場合や回答内容に変更が生じた場合には、10月20日までは再度ログインして修正を行うことも可能です。それまでの間は、念のため保管していただくようお願いします。

Q
インターネットで回答した場合、紙の調査票はどうしたらよいですか?
A

インターネットで回答された場合は、紙の調査票の提出は不要となります。紙の調査票には何も記入せずに、他に使われないように、廃棄してください。

Q
職場やネットカフェなど、自分の持ち物でない端末(パソコン等)から回答してもよいですか?
A

インターネットに接続された端末であれば、どの端末からでも回答いただくことは可能ですが、回答の安全を確保するためには、ご自宅のパソコン、もしくは持ち歩いているご自分のスマートフォン等から回答することをおすすめします。
ご自分のものでない端末は、特別な設定がされていてシステムが正常に動作しない場合や、個人情報保護のための十分なセキュリティが確保されていない場合などが想定されます。
ご自分のものでない端末を利用される場合については、それぞれのシステムの仕様を確認し、利用規約等に従ってください。

Q
他の人から代理でインターネット回答するよう頼まれたのですが、引き受けてもよいですか?
A

配布される『インターネット回答利用ガイド』には、各世帯に固有の利用者情報(ログインID等)が記載されています。代理で回答する場合には、必ず、相手方に配布された『インターネット回答利用ガイド』を用いて回答してください。
なお、代理回答はあくまで本人からの依頼と承諾にもとづいて行うものですので、ご注意ください。

Q
同居している親夫婦(子夫婦とは生計が別)に『インターネット回答利用ガイド』が配布されませんでした。親夫婦はインターネット回答できないのでしょうか?
A

『インターネット回答利用ガイド』を含む調査書類は、1世帯ごとに1組配ることとされています。親夫婦と子夫婦が、生計を別にしている場合には、調査書類はそれぞれに必要となります。もし調査書類が1組しか届いていない場合は、お手数ですが、お住いの区の区役所までご連絡いただき、親夫婦用の調査書類の配布についてご依頼ください。

Q
国勢調査オンラインが、うまく動作しません
A

国勢調査オンラインは、下記の環境で動作サポートしています。
動作確認を行っていないOSやブラウザで回答された場合、システムが正しく動作せず、正しい回答が得られないおそれがあります。確実に回答するために、サポート対象のOSやブラウザをご利用ください。

国勢調査オンラインの利用環境
端末OSブラウザ
パソコンWindows 7 以上

Internet Explorer 11
Microsoft Edge 42 以上
Microsoft Edge(Chromium) 81 以上
Google Chrome 72 以上
Mozilla Firefox 65 以上

MacOS 10.12 以上Safari 12 以上
タブレット・スマートフォンAndroid 6 以上

Google Chrome 72 以上
Samsung Internet Browser 12 以上

iOS 12 以上

Safari 12 以上
Google Chrome 84 以上

iPadOS 13 以上

Safari 12 以上
Google Chrome 84 以上

通信環境

ADSL、CATV、光ファイバー等のブロードバンド環境
4G、LTE、WiMAX等の高速データ通信サービス

※Windows 7 は2020年1月14日にMicrosoft社によるサポートが終了しています。


ログイン操作、回答送信に関するQ&A

Q
ログインIDとは、何ですか?
A

ログインIDとは、国勢調査オンラインを利用される方をシステムが識別し、ご回答いただいた情報を間違いなく管理するために必要な情報です。
ログインIDは、調査書類の中にある『インターネット回答利用ガイド』に記載されています。あなたがインターネット回答を利用するための情報ですので、大切に保管してください。
なお、ログインIDで個人や世帯が特定されるものではありません。

Q
ログインID等を入力しても、ログインできません
A

入力はすべて 半角、英字は 小文字入力になりますので、次の点をふまえ、入力に誤りがないかを今一度ご確認ください。

  1. 大文字、小文字、数字の確認
  2. 半角、全角の確認
  3. 紛らわしい文字の確認

(例1)数字の「0」(ゼロ)と英字の「o」(オー)

(例2)数字の「1」(いち)と英字小文字の「i」(アイ)、英字小文字の「l」(エル)

また、ログインを一定回数連続して失敗すると、概ね10分程度ログインが制限されます。その場合は、時間を置いてから再度ログインしてください。
※上記で解決できない場合には、お手数ですが、紙の調査票での郵送提出をお願いします。

Q
回答した後に、パスワードを設定する必要があるのは、なぜですか?
A

パスワードは、ログインIDと組み合わせて、回答された方ご本人であることを確認するための情報で、回答データの改ざんや盗み見などを防ぐために必要となるものです。
初めて回答データを送信する際には、回答されるあなたご自身でパスワードを設定していただきます。これにより、次回以降はあなた以外の方が、あなたが使った利用者情報(ログインID)を使ってログインすることはできなくなります。

Q
パスワードは、いつまで保管すればよいですか?
A

インターネット回答を終えられた方で、10月1日までに世帯員の出生や転居など回答内容に変更が生じた場合、あるいは回答内容の誤りに気づき修正を希望する場合は、「国勢調査オンライン」から10月20日までに再ログインして回答内容を修正することができます。
その際に、入力を求められるのが、『インターネット回答利用ガイド』に記載された「アクセスキー」ではなく、回答を送信した際にご自身で設定した「パスワード」となりますので、それまでの間は保管しておいていただくようお願いします。

Q
パスワードを忘れてしまいました。どうしたらよいですか?
A

申し訳ございませんが、ご自身でお決めになられたパスワードは、セキュリティを厳格に確保するため、総務省統計局や市・区役所でも確認することができない仕組みとなっています。
回答内容に修正が必要となる場合には、お手数ですが、改めて紙の調査票での回答をお願いします。(※すでに廃棄されている場合は、お住いの区の区役所に連絡して取り寄せてください。)

Q
1つの利用者情報(ID)で、同居している親夫婦もログインしてもよいですか?
A

『インターネット回答利用ガイド』を含む調査書類は、1世帯ごとに1組配ることとされています。親夫婦と子夫婦が、生計を別にしている場合は、それぞれ別に配布されます。調査書類が1組しか届けられていない場合は、お手数ですが、お住いの区の区役所までご連絡いただき、親夫婦用の調査書類の配布についてご依頼ください。

Q
同じ住宅に同居している別世帯については、同じパスワードにしてもよいですか?
A

それぞれの世帯で別のものにしてください。
たとえ近親者や親世帯であったとしても、パスワードはIDと組み合わせることで個人を特定するための情報となりますので、別に設定するようおすすめします。

Q
回答したくない項目があるのですが、入力せずそのまま送信してもよいですか?
A

「国勢調査オンライン」のシステムには、勘違いによる誤入力や入力漏れなどを防ぐためのチェック機能があり、全ての調査項目を入力しないと回答送信できない仕組みとなっています。
国勢調査の調査項目は、わが国の人口・世帯の実態を把握するために必要不可欠なものであり、そのため、統計法で回答していただく義務を課して行っているものです。
回答データは総務省統計局において厳重に守られますので、安心して入力し、ご回答ください。

Q
回答を一時、中断したいのですが、一時保存しておくことはできますか?
A

セキュリティ上の観点から、入力内容の一時保存はできない仕様となっております。
回答を一時、中断される場合は、お手数ですが、もう一度最初から入力していただくことになります。
一度で入力が済ませられるよう、お時間が十分とれるときにご回答ください。

Q
「送信」ボタンを押しても、反応しません
A

パスワードが正しく設定されないと、エラーメッセージが表示されます。このエラーメッセージが表示された状態で「送信」ボタンを押していることが、要因と考えられます。

〈主なエラーメッセージの例〉
※「パスワードを表示する」にチェックを入れると、入力している内容を表示することができます。

  1. 英字と数字の両方を使用していない(例.kokuchoa)
  2. 8文字以上で入力していない(例.koku20)
  3. パスワードとパスワード(確認用)が異なる(例.koku2020とkoku2021)

エラーメッセージの内容を確認したうえで、パスワードを正しく入力し、再度「送信」ボタンを押してください。

Q
「送信」ボタンを押しましたが、しばらくたっても送信が終わりません
A

要因として、一時的に通信環境が不安定となり、「送信」ボタンを押したときに、送信速度の低下または偶発的な通信の切断が生じたことが考えられます。
しばらくお待ちいただいても(数分程度)、回答完了の画面が表示されない場合は、次の対応をお願いします。

  1. 一旦、ブラウザを閉じ、再度ブラウザを立上げ、国勢調査オンラインにアクセスします。
  2. 「インターネット回答利用ガイド」に記載のログインIDを入力します。

ログインID入力後、パスワードの入力画面が表示されましたら、回答の送信は完了し、システムでの受付はできています。引き続き、パスワードを入力してログインすることで回答内容を確認することができます。

ログインID入力後、アクセスキーの入力画面が表示された場合は、回答の送信は完了しておらず、システムでの受付はできていません。その場合は、お手数ですが、「インターネット回答利用ガイド」のアクセスキーを入力し、再度ご回答くださるようお願いします。

セキュリティに関するQ&A

Q
インターネットでの回答が、流出する危険はないのですか?
A

インターネット回答における通信は、すべて暗号化(SSL/TLS)されています。また、不正なアクセスなどの監視を24時間行っていますので、回答データは厳重に守られます。

Q
暗号化とは、どういうことですか?
A

「暗号化」とは、元となる回答データに対して、特別な処理を行うことで、別のデータに変換する処理のことをいいます。
インターネットで回答する際のパソコンやスマートフォンとシステムとの間の通信中のデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報などを安全に送受信することができる仕組みで、公開鍵番号や秘密鍵番号などのセキュリティ技術と組み合わせ、データの盗み見や改ざん、「なりすまし」を防ぐことができます。

Q
どのようにしてセキュリティが守られているのか、教えてください
A

インターネットで回答いただいたデータについては、国勢調査のオンライン調査システムにおいて、それぞれ以下のセキュリティ対策を講じています。

  1. 通信の暗号化

回答を送信する端末からシステムまでの通信は、第三者に解読されることのないよう利用者情報入力画面(ログインを行う画面)以降すべて暗号化されています。

  1. サーバ等の管理

システムのサーバ等は、厳重に管理されたデータ・センターに設置され、侵入など不正なアクセスが無いか24時間監視しています。

回答されたデータはシステムのサーバに蓄積されますが、回答されたデータについては、回答者本人であってもインターネットを通じての取得・閲覧ができない仕組みとし、データ保護に万全を期しています。また、総務省統計局が集計処理のためにデータを取得した後に、復元不可能となるよう、サーバ上からは完全に消去されます。

  1. 国勢調査担当職員の認証

回答されたデータには、行政機関専用ネットワークを通じて、国勢調査担当職員のみがアクセスできる仕組みです。

職員が本システムにアクセスするためには、職員に割り当てられたIDとパスワードを使用することで、不正なアクセスができないようにしています。

Q
ログインしたら、口座番号などの入力を求められました。国勢調査では、このような項目も調査しているのですか?
A

国勢調査では、金融機関やクレジットカードなどの情報の登録を求めることは、絶対にありません。
フィッシングサイト(詐欺)の疑いもありますので、「国勢調査コールセンター」まで連絡をお願いします。

国勢調査オンラインに関するお問合せ

国勢調査オンラインのシステムは、総務省統計局によって運営されており、横浜市は運営に関わっておりません。このページで解決しないご質問については、お手数ですが、総務省統計局が開設している「国勢調査コールセンター」までお問い合わせくださるよう、お願いします。

関連リンク

このページへのお問合せ

政策局統計情報課

電話:045-671-4207

電話:045-671-4207

ファクス:045-663-0130

メールアドレス:ss-chosa@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:228-527-639

先頭に戻る