このページの先頭です

地域少子化対策重点推進事業の実施について

最終更新日 2021年5月24日

横浜市では、「横浜市子ども・子育て支援事業計画(わくわくプラン)」の基本施策のひとつとして「ワーク・ライフ・バランスと子ども・青少年を大切にする地域づくりの推進」を掲げ、男性に対する家事・育児支援等の推進や、未婚者に向けた啓発・情報提供、地域社会全体で子育て家庭を応援する仕組みづくりなどを行っています。
こうした少子化対策推進のため、横浜市では、内閣府の地域少子化対策重点推進交付金を活用し、以下の事業を実施しています。

地域における父親育児支援講座開催支援事業

【趣旨・目的】
男性の家庭での家事・育児参加を促進し、父親育児の機運を高めるとともに、父親同士の仲間づくりを支援し、地域のつながりづくりのきっかけとすることを目的とし、地域の身近な施設において父親講座の開催支援を行います。

【事業内容】
夫婦のパートナーシップや子育てのノウハウ、ワーク・ライフ・バランスなどを学ぶ、乳幼児の父親やプレパパを対象とした講座を、市内の地域ケアプラザや、親と子のつどいの広場、地域子育て支援拠点などの身近な施設において開催します。

【実施部署】
横浜市こども青少年局総務部企画調整課
(電話:045-671-4281、ファクス:045-663-8061)

未婚者・親向け啓発・情報提供

【趣旨・目的】
横浜市では、子どもを大切にする社会的な機運を醸成するため、将来の子育て世代に向けた、結婚や妊娠・出産、子育てに対する楽しさや喜びを知るきっかけづくりを進めています。本事業は、結婚・妊娠・出産・子育ての「切れ目のない支援」のための環境づくりとなるよう、将来の子育て世代となる未婚者、子の結婚を希望する親などの保護者に向け啓発、支援を行います。

【事業内容】
結婚を希望される方を対象として、自身の働き方や結婚などの将来展望、ライフプランを考えるとともに、出会いに向けて行動できるよう、コミュニケーション能力の向上等を図る講座を開催します。
また、子の結婚を望む親等の保護者に向けて、現代の結婚や婚活に関する情報を提供するとともに、子へのアプローチの仕方といった、子の結婚に向けた具体的な支援方法について情報提供します。

【実施部署】
横浜市こども青少年局総務部企画調整課
(電話:045-671-4281、ファクス:045-663-8061)

子育て家庭応援事業(ハマハグ)

【趣旨・目的】
協賛店・施設の皆様に、自らのアイデアで子育てを応援する取組をご提案いただき、市内の店舗・施設に子育て家庭を応援する様々なサービスを提供してもらう事を通じ、「まち全体で子育てを見守る」まちの雰囲気づくりや、「子育てにやさしいまちヨコハマ」という新たな横浜の魅力づくりに取り組んでいます。

【事業内容】
小学生以下の子どものいる家庭の方または、妊娠中の方が、協賛店・施設でハマハグカード(登録証)を見せると、入店の際のちょっとした心配りや、授乳室などの安心・便利な設備・備品の利用、お得な割引・優待など、子育てを応援するさまざまなサービスを受けられます。
令和3年度は、ハマハグの利用者や事業認知度を増加させることで、協賛店舗・施設への事業参加の魅力向上に繋がり、協賛店舗・施設を増やすことで、利用者にとっての事業の魅力向上へと繋がるという好循環をつくります。ハマハグの取組を一層推進し「子育てに優しいまちヨコハマ」の機運の醸成を図ります。

【実施部署】
横浜市こども青少年局子育て支援部子育て支援課
(電話:045-671-4157、ファクス:045-663-1925)

このページへのお問合せ

こども青少年局総務部総務課

電話:045-671-4266

電話:045-671-4266

ファクス:045-663-8061

メールアドレス:kd-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:830-258-179

先頭に戻る