このページの先頭です

【開催報告】中区(2013年10月26日)

最終更新日 2020年3月13日

【開催報告】孫育て講座~求められています!祖父母世代の力~<1回目>~今どきの子育て事情~

開催日:2013年10月26日(土曜日)
主催:中区地域子育て支援拠点のんびりんこ
講師:NPO法人孫育て・ニッポン 理事長 棒田明子氏

孫育て講座第一回目は、「今どきの子育て事情」と題して、これから孫を迎えられる方、孫のいる方、地域の子育て支援に関心のある方などを対象に実施しました。当日は、台風27号と28号の影響が心配されましたが、21名の方々にご参加いただきました。

冒頭に、講師の棒田さんから「ご自身の出身地と、子どもの頃によくしていた遊びは何ですか?」と参加者へ投げかけがありました。「出身地や年代が違うだけでも、経験してきた遊びは違う。今は更に、社会背景や環境の変化があって、子どもの遊ぶ場所や内容、一緒に遊ぶ人などが変化している。」とのこと。
続けて、今どきの子どもの特徴や、祖父母世代が子育てをしていた時代の子育ての通説と現在の子育て法の違い、孫や親世代との付き合い方のポイントなどについてもお話しくださいました。

孫との付き合い方のポイントとしては「忙しい親世代に変わって孫のペースにつきあってあげられるのは、祖父母ならではの役割。また、必ずしも、孫が普段している遊びに付き合わなくても良い。ママやパパとは違う体験をさせてあげる事は大事なこと。昔の遊びは、今の子ども達にとっては新鮮で喜ばれることも多いので、是非取り入れて欲しい。」とのお話もいただきました。

参加者も時に笑いがあったり、大きくうなずいたり、あっという間に時間が過ぎていきました。

また、「子ども達が大人になるまでの間に、関わりを持てる大人(親類)の数も減少してきている。『+(プラス)のこ育て』として『た育て』にも関わって『地域の絆づくり』をして欲しい。」と話し、「まずは近所を積極的に歩いて、地域の人と顔を合わせてつながることから。今日から出来ることを始めましょう!」と締めくくりました。
★アンケートでの意見・感想★
・孫や娘との関係にとても役立つと思う。
・知らないでいたら大変だったと思う事が沢山学べて助かりました。
・娘との関係、嫁との関係の中での孫とのつきあい方に今後活かしていきたい。
・た育てへの広がりを今後、活かしていきたい。

(のんびりんこ 二戸)

三世代育児支援事業の概要に戻る
ワーク・ライフ・バランスYOKOHAMAのトップページへ戻る

このページへのお問合せ

こども青少年局総務部企画調整課

電話:045-671-4281

電話:045-671-4281

ファクス:045-663-8061

メールアドレス:kd-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:507-341-177

先頭に戻る