このページの先頭です

【開催報告】中区(2013年11月9日)

最終更新日 2020年3月13日

孫育て講座~今すぐ遊べる!身近な素材で出来る簡単な遊びの紹介~<2回目>

開催日:2013年11月9日(土曜日)
主催:中区地域子育て支援拠点のんびりんこ
講師:横浜市立山手保育園 園長 井ノ口淑子氏、横浜市中区地域子育て支援拠点 施設長 安田みゆき氏

孫育て講座第2回目は「今すぐ遊べる!身近な素材で出来る簡単な遊びの紹介」として中区にある横浜市立山手保育園の井ノ口淑子園長先生に、「地域の中でのボランティア活動紹介」として、のんびりんこの安田みゆき施設長に担当していただきました。

井ノ口先生からは、わらべ歌や手遊び歌、牛乳パックを使ったおもちゃの紹介と簡単な工作を教えていただきました。歌いながら身体のいろいろな部分を触るわらべ歌遊びは、スキンシップにも最適で、保育園でも人気のふれあい遊びとの事。また、昔から親しまれている「お寺の和尚さん」や「おべんとうばこの歌」などは歌詞が変わったり、替え歌が出来たりしているものもあると紹介していただき、笑いが起きる場面も。参加した方からは「懐かしい」「忘れていた歌を思い出した」との声もありました。わらべ歌の持つ、ゆったりした音調によって和やかな雰囲気に包まれた時間でした。

また、子ども達に人気の手作りおもちゃの紹介をしていただいた後は、牛乳パックと輪ゴムを使った「にょろにょろヘビ」と、牛乳パックに切り込みを入れて作る「ブーメラン」の二つの工作を行いました。短い時間でしたがマジックやシールで色や模様を付けて楽しみました。

休憩時間を挟んで後半は、地域の中でのボランティア活動紹介として、のんびりんこや区内の保育園でのボランティア、地域で子どもを預かり合う「横浜子育てサポートシステム」の提供会員、「こんにちは赤ちゃん訪問」の訪問員などの活動について、スライドを見ながら説明を受けました。赤ちゃんが生まれた全ての家庭に「こんにちは赤ちゃん訪問員」が訪れるという今の制度に驚きの声もありました。中区では、いろいろな子育て応援ボランティアを募集しています。関心のある方は、是非お問合せいただけたらと思います。

今回で孫育て講座は一区切りとなりますが、ご自身のお孫さんとの関わりと共に地域の孫世代への関わりについても関心を寄せていただけたら嬉しいです。ご自身が無理なく出来る事から一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

★アンケートでの意見・感想★
・歌遊びや指を使った刺激あそびなど改めて大事だと感じました。
・手遊びは改めて意味ややり方が分かって良かった。
・孫と一緒に遊べる幅が広がりました。
・保育園の園庭の掃除や草むしり程度なら自分にも出来るかもしれないと思いました。

(のんびりんこ 二戸)
三世代育児支援事業の概要に戻る
ワーク・ライフ・バランスYOKOHAMAのトップページに戻る

このページへのお問合せ

こども青少年局総務部企画調整課

電話:045-671-4281

電話:045-671-4281

ファクス:045-663-8061

メールアドレス:kd-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:360-841-995

先頭に戻る