このページの先頭です

【開催報告】磯子区(2013年12月3日)

最終更新日 2020年3月13日

【開催報告】「育じい育ばあ 楽しむ孫育て講座」<2回目>入口は自分の孫

開催日:2013年12月3日(火曜日)
主催:いそご区民活動支援センター・磯子区地域子育て支援拠点 いそピヨ
講師:(有)毎日の生活研究所 矢郷恵子氏

孫育て講座第2回目の講座の目的は、「伝えよう、知ろう、孫を通しての磯子の子育て環境」「“語れる”じじ・ばばになって未来と付き合う」でした。

講義を聞くというより、参加者同士が語り合い情報交換する進行で、参加者21名とスタッフも交えての「ジャンケン自己紹介」で、にぎやかにスタートしました。相手を代えてジャンケンして、勝った方は負けた方からサインをもらい、所定時間内に5人分のサインを集めたら終了というルールに室内は一挙ににぎやかに。7人の方が達成しました。
緊張がほぐれ、いよいよワークにとりかかりました。「あなたが子どもだった頃はどんな遊びをしていましたか」では、ままごと、木登り、かけっこ、草花の遊び、水遊び、探検ごっこなど、遊びに男女差が余りなく、遊ぶ場所も、庭、軒先、小川、原っぱ等、戸外が多く、大人が一緒にいなくても子ども同士で外遊びをしていたのが、わかりました。
その頃と現在の遊びの環境を比較すると、同じ戸外といっても、場所は公園や校庭へと変わり、安全、安心のために大人の目の届く範囲や、規制の中での遊びに変化してしまっているとのお話がありました。
講師から「今は大人が付いて遊ぶので、子どもは自由に遊んでいない」「遊びを通じて創造力や生活力を高めるには、じじ・ばばが遊びを規制する立場からサポートする立場になる」「手遊びを伝え、自然との関わりを大切に」「特別な物を用意しなくても、生活用品をおもちゃ代わりにする」「台所仕事や洗濯をする」「生活と一体になった遊びに子どもたちは夢中になる」等、実際に遊んでいる様子のスライドを見ながら説明があり、参加者は熱心にメモをとっていました。
後半は磯子区の地図を見ながら、「パパやママが忙しくて一緒に行けないならば、じじ、ばばと行こう」という主旨のもと、子育てに良い環境(施設・散歩・遊び場所)の情報交換をしました。

講師は最後に、孫育てで大切なこととして、「便利じじ・ばば」から「伝えるじじ・ばば」になることの大切さに触れ、さらに「孫育て7か条」として、(1)伝えればいつかわかる、(2)約束は守る、(3)家族をつなぐ、(4)自分の都合はきちんと優先、(5)ほめる!ほめる!、(6)会話を大事にする、(7)秘密の話もあります と話され、参加者はお互いにうなずき、共感し、そして勇気をいただいた2時間でした。

毎回1曲ずつ覚える「あそび歌」は手ぶりも加えて、「トントントントン アンパンマン」「さよならあんころもち」をみんなで輪になって歌い、より一体感が生まれました。

☆アンケートでの意見・感想☆
・色々と思い出すことがあり、昔の気持ちを考えると孫との接し方の参考になります。
・とてもわかりやすく楽しい講座でした。まだ孫も小さいですが、これからの遊びのときの接し方が参考になりました。「大人になると許す事ができなくなる」自分でも気がついた気がいたしました。7か条もとても参考になりました。
・昔と今の遊びの違い!とても参考になりました。
・自分の子どもの頃と、育った自分の子達の頃をあらためて振り返り、違いを認識。またさらに孫のときとの違い。
・現在、孫(2人)の保育園を送り迎えしています。大変内容のある話を聞きました。ありがとうございました。
・自分の子育ての頃を思い起こす事ができた。わかりやすく楽しかった。孫育てがワクワクしてきた。
・昔の出来事を思い出させてくれて楽しかった。昔は良かった。これからの時代、大変だと感じる。子どもの心を狭くする大人の責任は重い。気持ちの余裕を持てない子どもがかわいそうに思う
・一方的に話されるのではなく、楽しく、グループの方との話し合いなどもあり、よかった。
・自分の子どもの頃を思い出し、孫にも教えてあげようと思いました。
・忘れていた事を思い出して孫に伝えていきたいです。今日お聞きした話を参考にして、楽しみながら孫と過ごしたいです。
・子どもたちの今昔がたくさんの事例でわかった。今の子とともに必要な物がわかった。新しく知らなかった情報でYPC(横浜にプレイパークを創ろうネットワーク)の活動などわかった。
・遊び場の少なくなった孫たちへ、自然や人とのふれあいなどをどうするか、「過保護・過干渉にならないように」をふまえての、家族で話し合いをしてみたいと思いました。
(いそご区民活動支援センター 金子)

三世代育児支援事業の概要に戻る
ワーク・ライフ・バランスYOKOHAMAのトップページに戻る

このページへのお問合せ

こども青少年局総務部企画調整課

電話:045-671-4281

電話:045-671-4281

ファクス:045-663-8061

メールアドレス:kd-kikaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:417-176-406

先頭に戻る