このページの先頭です

オープンイノベーション推進本部

令和3年5月に、オープンイノベーション推進本部は、新たに設置された横浜市DX推進本部に統合されました。【オープンイノベーション推進本部が平成29年に設置された経緯】横浜市は、データ活用の取組として、オープンデータ自治体サミットの開催や横浜市立大学と連携した医療ビッグデータの活用など、これまで様々な取組を進めてきました。IoT、AIなど先端技術の進展により社会の多様化が進むなか、社会的課題の解決や新しい価値の創造に向け、これまで以上にデータ活用や公民連携の取組を効果的に行う場が必要であり、また、官民データの一層の活用などを定めた「官民データ活用推進基本条例」の成立(平成29年3月)もあり、これらを庁内横断的に検討・推進する場として、平成29年4月に「オープンイノベーション推進本部」を設置し、平成30年5月に「横浜市官民データ活用推進計画」を策定しました。策定以降、各施策に設けた評価指標の進捗や、各施策に関連する区局等の事業(取組)については、毎年度取組状況をとりまとめています。引き続き、横浜市DX推進本部のもと、「横浜市官民データ活用推進計画」に基づき、「官民データ活用推進基本条例」に掲げられた理念の実現に向けて、着実に取組を推進します。

前のページに戻る

ページID:418-394-502

先頭に戻る