このページの先頭です

「IR(統合型リゾート)に関する情報提供依頼」に関する事前説明会の開催結果について

最終更新日 2019年3月27日

事前説明会の開催結果

開催概要

開催日時

平成30年8月20日(月曜日)午後2時~3時

開催場所

関内新井ホール(関内新井ビル11階)

出席者数

登録22者(内訳:IR運営事業者9者、開発業者6者、その他メーカーなど7者)

内容

1.挨拶
2.横浜市の状況、情報提供依頼項目(調査票)等の説明
3.質疑応答

配布資料

質疑応答の概要

説明資料34ページで、「本件の参加・不参加は、横浜市の評価の対象にならない」とあるが、事業者は、何をインセンティブ(動機)に横浜市へ情報提供をすればよいのか。

横浜市がIRを導入する・しないの判断をしていない段階での依頼であることを御理解いただいた上で、ご協力をお願いしたいと考えています。御協力いただく事業者の皆様へは御負担をおかけするものではありますが、市民の皆様に説明していく貴重な情報になることを踏まえ、お願いをしているものです。

経済波及効果や損益などは企業ノウハウであり、社名を伏せて公表しても、流出を懸念する場合は、公表を控えてもらうことはできないか。

御提供いただく情報は、市民の皆様にIRを説明する資料になること、また、横浜市がIRを導入する・しないの判断材料のひとつになること、の2つの意味で根拠が重要な情報となります。そうした点から、原則公表できる、根拠のある情報提供に御協力いただきたいと思っています。企業ノウハウが詰まった情報になるとは思いますので、調査報告書等のまとめ方や公表の方法については、情報を提供された事業者の皆様の御意見を伺い、十分に配慮して行いたいと考えています。

説明資料32ページの事業者名の公表イメージを具体的に教えてほしい。

ご提供いただいた情報とは別に、例えば、調査報告書の巻末にご協力いただいた事業者名をリスト化することを考えています。

説明資料31ページの調査票等の作成方法のうち、調査票への記載方法や添付書類など、様式の自由度を教えてほしい。

添付書類については、特に様式は定めていないため、自由に作成していただいて構いませんが、提出枚数は、A4判で20ページまででお願いします。

説明資料31ページの調査票等の作成方法で、【項目1】~【項目5】は全て回答することになっているが、全て回答しないと参加できないのか。

IRについてトータルに情報提供してほしいというのが、趣旨・目的ですので、全ての項目にご回答いただきたいと考えています。例えば、IRの事業採算性も含めた一つのパッケージとして成り立つ形での情報提供をお願いします。

説明会会場の様子
会場の様子

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

政策局政策部政策課

電話:045-671-4135

電話:045-671-4135

ファクス:045-663-4613

メールアドレス:ss-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:169-450-514

先頭に戻る