このページの先頭です

懸念事項への取組について

最終更新日 2021年2月4日

 IRは観光や地域経済の振興、財政への貢献など様々なプラスの効果が期待される一方、ギャンブル等依存症などのIRを構成する施設の一つであるカジノに起因する懸念も指摘されています。
 横浜IRの実現に当たって、市は、国が定めた「世界最高水準の規制」と言われるIR整備法に基づいた様々な懸念事項への取組を着実に推進します。詳細については「横浜イノベーションIR公式ウェブサイト(外部サイト)」や「横浜特定複合観光施設設置運営事業 実施方針」のページをご覧ください。

横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査について

 本市におけるギャンブル等依存症に関する実態を把握するため、令和元年度に「横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査」を実施しました。詳細については「横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査の結果について」のページをご覧ください。

「横浜IRを考えるシンポジウム」について

 横浜市が実現を目指しているIRの意義や、ギャンブル等依存症や治安など、IRを構成する施設の一つであるカジノに起因する懸念事項対策の取組について、市民の皆様に理解を深めていただくため、令和2年12月20日(日)に「横浜IRを考えるシンポジウム」を開催しました。詳細については「「横浜IRを考えるシンポジウム」について」のページをご覧ください。

このページへのお問合せ

都市整備局IR推進部IR推進課

電話:045-671-4135

電話:045-671-4135

ファクス:045-550-3869

メールアドレス:tb-irsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:371-308-257

先頭に戻る