このページの先頭です

IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくりの検討

横浜市では、魅力ある横浜の実現に向け、都心臨海部での賑わいや活力を生み出すため、IR(統合型リゾート)や公民連携(PPP)などの手法を活用した戦略的な都市づくりを検討しています。

最終更新日 2019年11月1日

お知らせ

IR(統合型リゾート)の検討について

 平成30年7月20日、特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が成立しました。これまで、横浜市では、都心臨海部での戦略的な都市づくりの検討の一環として、基礎的なIRの調査・分析を進めてきましたが、現段階では、IRを導入する・しないについての判断をしておりません。
 横浜では、IRの導入によって観光や地域経済が活性化することを期待する声や、IRを構成する施設の一つであるカジノに起因した依存症・治安悪化などに対する懸念の声もいただいています。
 こうしたIRの効果や懸念事項対策等についての調査・検討を国の動向や情報等を踏まえながら進めています。

IR(統合型リゾート)とは

 IRとは、国際会議場施設、展示施設等、我が国の伝統、文化、芸術等を生かした公演等による観光の魅力増進施設、送客機能施設、宿泊施設等の観光振興に寄与する施設とカジノ施設から構成される一群の施設であって、民間事業者により一体として設置・運営されるものです。
 国は、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ事業の収益を活用して、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした特定複合観光施設区域の整備を推進することで、国際競争力の高い魅力ある滞在型観光の実現、観光及び地域経済の振興、財政の改善を目的としています。

【詳しくはこちら】
「特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~」に係る説明・公聴会の配布資料
IR推進会議取りまとめ(プレゼンテーション資料)(外部サイト)(PDF形式)

国の動向

IR関連
年月日 出来事
平成28年12月15日 特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR推進法)成立
平成29年3月~7月 IR推進本部設置・IR推進会議開催(計10回開催)(外部サイト)
平成29年7月31日 IR推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~(外部サイト)
平成29年8月

IR推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~に係る意見募集の実施(外部サイト)
IR推進会議取りまとめ~「観光先進国」の実現に向けて~に係る説明・公聴会(全国9ブロック)開催(外部サイト)

平成29年12月15日 パブリックコメント等の結果の公表(外部サイト)
平成30年4月27日 特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)案閣議決定(第196回国会提出)
平成30年7月20日 特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)成立
平成30年11月 IR推進会議開催(計2回開催)(外部サイト)
平成30年12月4日 IR推進会議取りまとめ(案)~主な政令事項に係る基本的な考え方~(外部サイト)

平成30年12月~31年1月

特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)に係る実務者向け説明会(全国9ブロック)開催(外部サイト)
平成31年2月~3月 「特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)施行令(案)」に対する意見募集(外部サイト)
平成31年3月26日 特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)施行令(PDF:240KB)閣議決定
平成31年3月29日

「特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)施行令(案)」に対する意見募集の結果の公表(外部サイト)

ギャンブル等依存症関連
年月日 出来事
平成28年12月26日 第1回ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議
→IR推進法の成立を契機に、幅広くギャンブル等依存症全般について、関係行政機関の緊密な連携の下、政府一体となって包括的な対策を推進するため開催
平成29年3月31日 第2回ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議
→ギャンブル等依存症対策の強化に関する論点整理
平成29年8月29日 第3回ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議
→ギャンブル等依存症対策の強化について
平成30年7月6日 ギャンブル等依存症対策基本法成立
平成30年10月5日 ギャンブル等依存症対策推進本部設置
平成30年10月19日 第1回ギャンブル等依存症対策推進本部会合
平成30年10月24日 第1回ギャンブル等依存症対策推進本部幹事会
平成31年3月 「ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)」に対する意見募集(外部サイト)
平成31年4月19日

ギャンブル等依存症対策推進基本計画(PDF:1,483KB)閣議決定
「ギャンブル等依存症対策推進基本計画(案)」に対する意見募集の結果の公表(PDF:1,198KB)


本市の調査・検討

平成30年度IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくり検討調査(その4)報告書に関する市民説明会の開催について

平成30年度IR(統合型リゾート)等新たな戦略的都市づくり検討調査(その4)報告書について

 ⇒日本型IRの制度、横浜におけるIRの事業性、コンセプトやイメージ、経済的・社会的効果、懸念事項とその対策について調査

平成30年度IR(統合型リゾート)に関する情報提供依頼について

 IR整備法が成立し、政府の考え方や日本型IRに関する様々な情報が明らかになってきました。
 横浜では、IRの導入によって観光や地域経済が活性化することを期待する声や、IRを構成する施設の一つであるカジノに起因した依存症・治安悪化などに対する懸念の声もいただいています。
 そこで、横浜におけるIRの事業性、想定される開発コンセプト、IRの経済的、社会的効果などや、想定される懸念事項などとその対応策について、事業者の皆さまへ情報提供を依頼します。
 詳しくは、以下をご参照ください。

※参加意向申出書の提出は締め切りました。

※質問書の提出は締め切りました。

事前説明会の開催結果について
調査票の提出状況について

 9月21日の提出期限までに、12者・グループから調査票の提出がありました。
 今後は、提出いただいた調査票の内容を確認するとともに、整理にあたり内容に不明な点があるなど、提供いただいた情報の確認などが必要と考えた場合は、提供された皆さまに個別にヒアリングを行い、内容の把握に努めます。
 なお、提供いただいた情報は、提供された事業者の皆さまに確認のうえ、調査報告書及び概要版にまとめていく予定です。

過年度の委託調査

 ⇒近年のIRの事例や国内におけるPPPなどについて調査

 ⇒導入の効果や影響の調査のほか、依存症対策に関する有識者へのヒアリングなど

 ⇒IRの代表的な事例の調査や経済波及効果の試算など

IR(統合型リゾート)に関する事業者対応の取扱いについて

 IRの調査・分析に関わる政策局職員が、IRに関する事業者に対応する際の取扱いを定めました。IRに関連して情報提供をいただける際には、この取扱いに御協力をお願いいたします。
 詳しくは、以下をご参照ください。

IRに関する面談申込書(別紙様式1)の送付先は、ページ下の「このページへのお問合せ」にあるメールアドレスとなります。
※面談申込書(別紙様式1)をお送りいただく前に、必ずお電話ください。

リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局 IR推進室 IR推進課

電話:045-671-4135

電話:045-671-4135

ファクス:045-664-3356

メールアドレス:tb-irsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:731-408-716

先頭に戻る