このページの先頭です

横浜イノベーションIRオンラインシンポジウムについて

最終更新日 2021年5月12日

YouTube横浜市公式チャンネルにて公開します

令和3年3月27日(土曜日)に開催しました「横浜IRオンラインシンポジウム」について、YouTube横浜市公式チャンネルにて公開します。
動画はシンポジウム当日の雰囲気も感じていただける全体版の動画(約73分)をはじめ、各プログラムに分けた動画で公開します。
※当日の開催概要については、「シンポジウム概要」をご覧ください。
※動画は、登壇者の肖像権保護の関係から、一部編集し配信しています。

全体版(約73分)

各プログラムから

開会あいさつ(約2分30秒)

特別講演 岸 博幸 氏「横浜イノベーションIRのポテンシャル」(約20分40秒)

パネルディスカッション

「横浜イノベーションIR」に期待することについて、パネリストからそれぞれの視点で意見を伺いました。
当日は、以下の4つのトピックに分かれてディスカッションが進行したため、それぞれに分けて公開します。
1 「日本型IRって」
2 「世界のIR施設」
3 「横浜イノベーションIR」
4 「横浜イノベーションIRに期待すること」
※動画は、登壇者の肖像権保護の関係から、一部編集し配信しています。
※パネルディスカッション全体のテキスト及び画像の掲載はこちら(PDF:660KB)をご覧ください。

1 「日本型IRって」(約10分30秒)

露木:村上さん、そもそもこのIRっていうのはご存じでしたか。

村上:初めて聞きました。IR自体が何なのか、どういうものなのか、理解できなかったのですが、市の広報動画と、岸さんの特別講演のお話で、ようやく分かってきました。細かい部分はもうちょっと聞きたいのですが、IRで何をしたいかということはよく分かりました。

本トピックに関する、村上さんの発言をまとめたテキスト及び画像のやりとりはこちら(PDF:148KB)から


2 「世界のIR施設」(18分20秒)


露木さん(左)、村上さん(右)

露木:海外のIR施設についての動画をご覧いただきました。海外だと割とイメージができやすい、またご経験された方もいらっしゃると思いますが、この動画ご覧なってみていただいて、いかがでしたか。
村上:すごく分かりやすくて、行ったことがない人でも、そういうところなんだなというのがイメージしやすかったと思います。私はラスベガスのほうに一度仕事で行ったことがありまして、街の中とかホテルの中とか見て、ちょっと自由時間もあったのでカジノに行ってみたり、ショーも見させてもらったりして、楽しい時間もあったのですが、仕事で行っているというのもあったのか、その時はどこか大人の街というか、何かファミリー感覚ではなかったです。だけど、今はもう誰でも楽しめて、限定ではないというか、特定の人たちに向けてある場所ではないというか、そこがすごく変わってきているんだなと思いました。私も娘がいて、家族で小さい子がいると目線も変わりますし、そういうファミリーで楽しめる場所が増えるというのは、すごく楽しみでもあって、またそれで考え方も変わりますね。
露木:そうですよね。カジノだけではなくショッピングとかもできますし。本当に色々な方が楽しめる街なのだなというのが。
村上:思いましたね、改めて。

本トピックに関する、村上さんの発言をまとめたテキスト及び画像のやりとりはこちら(PDF:201KB)から


3 「横浜イノベーションIR」(約9分)

露木:続いて横浜のIRについてのお話も進めていきたいと思います。まずは整備する場所なのですが、山下公園や横浜中華街、元町商店街にほど近い、山下ふ頭という場所です。山下公園の隣というような場所なのですが、村上さんもご出身が横浜市ということで、この付近は行かれたことがあるのではないですか。

村上:そうですね。この辺りは場所としては認識してるんですけど、周りにホテルもたくさんありますし、桜木町の駅から近かったりとかっていう、本当に横浜の中心部というか。そこに行っちゃうんだっていう。また本当にあそこにそういうものができたら、だいぶ印象が変わるなっていうイメージがします。

露木:そうですよね。横浜スタジアム12個分ぐらいの大きさだと伺いまして。
村上:相当広いですね。
露木:はい。広いですよね。この山下ふ頭にできるのですが、その立地のメリットというか、こういう場所についても、それぞれパネリストの皆さんからもご意見いただければと思うのですが。

本トピックに関する、村上さんの発言をまとめたテキスト及び画像のやりとりはこちら(PDF:145KB)から


4 「横浜イノベーションIRに期待すること」(約6分)

露木:そろそろお時間が近づいてきました。こちら最後に、パネリストの皆さんへ、本日のテーマであります「横浜イノベーションIRに期待すること」について、お話いただきたいと思いますが、今日のこのお話、ご感想も含めていただきたい
と思います。まず、村上さん、いかがでしょうか。
村上:最初はどういったものかっていうのが全く分からなくて、ここに来させていただいたんですけれども。内容を聞くと本当に前向きになれるような、面白みがあるというか、これからやることなので、形になってないじゃないですか。なので、いろんなことを盛りだくさん、これから盛り込んでくるところだと思うので、夢というか、いろんな希望を凝縮してもらって、世界から来る方々に窓口として、もうあそこに行けば、とにかく日本は面白いんだよ。そこからまた知ってもらった日本を、いろんな所に、またさらに好きな所に行ってもらえるような、窓口としてあるのは、すごくいいなっていうふうに感じました。
露木:そうですね。ここがまた発信の場として広がっていくと本当にいいですよね。ありがとうございます。

シンポジウム概要 ※本シンポジウムは終了しています

【シンポジウムテーマ】横浜イノベーションIRで目指すもの
 アフターコロナにおける日本の観光MICEやリゾート、エンターテイメントの在り方を踏まえ、バラエティ豊富なパネリストから「横浜イノベーションIR」についてそれぞれの視点でご意見を伺いました。

シンポジウムチラシ

 シンポジウムチラシ(PDF:2,906KB)

シンポジウム名

  「横浜イノベーションIRオンラインシンポジウム」

開催日

  令和3年3月27日(土曜日)

プログラム

開会 横浜市副市長 平原 敏英

特別講演「横浜イノベーションIRのポテンシャル」

  • 岸 博幸 氏

慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授

パネルディスカッション「横浜イノベーションIRに期待すること」

【登壇者】
 ・岸 博幸さん    慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
 ・村上 知子さん    お笑いタレント、森三中
 ・川添 裕さん    横浜国立大学都市科学部長、大学院都市イノベーション研究院教授
                            ※肩書は、2021年3月時点
 ・丸田 健太郎さん  KPMG有限責任 あずさ監査法人 公認会計士/パートナー

【司会・ファシリテーター】
 ・露木 麻土香さん ラジオパーソナリティ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局IR推進部IR推進課

電話:045-671-4135

電話:045-671-4135

ファクス:045-550-3869

メールアドレス:tb-irsuishin@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:149-305-412

先頭に戻る