このページの先頭です

市長メッセージ

最終更新日 2019年7月8日

横浜市の職員を目指す皆様へ

 横浜市は、374万人の市民の皆様が暮らす日本最大の基礎自治体として、社会の変化に伴う課題を乗り越え、将来にわたり持続可能な都市モデルを創り出そうと、多岐にわたるチャレンジを進めています。
 2018年には、国連が採択した「持続可能な開発目標 SDGs」の取組を先導する「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」に国から選定され、ニューヨークをはじめ世界の10都市が参加する「SDGsリーダーシップ都市連合」への参加も決まっています。
 1859年の開港から160年の間に培ってきた「国際性」、多様な文化や技術を受け入れ進化させる「進取の精神」、そして横浜を愛する皆様の「市民力」が、横浜のこれまでの発展を支えてきました。
 そしてこれからの横浜を、より一層“住みたいまち”“住み続けたいまち”として成長させていくために、ぜひ皆さんと力を結集していきたいと思います。
 横浜市の施策はあらゆる分野にわたり、皆さんが活躍できるフィールドは大きく広がっています。他の自治体に先駆けて成果を生み出した、待機児童対策をはじめとする子ども・子育て支援。地域包括ケアシステムの構築など超高齢社会を支えるための仕組みづくりや、女性の活躍支援にも、力を入れています。
 あらゆる世代の市民の皆様に直接向き合い、その暮らしを支える基礎自治体の業務は、やりがいに満ちています。
 また国際都市・横浜では、世界から多くのお客様を迎えるビッグイベントが、次々に開催されます。2019年には、3回目の横浜開催となる「アフリカ開発会議」、アジア初開催で盛り上がる「ラグビーワールドカップ2019TM」の決勝戦など7試合が行われます。
 そして「東京2020オリンピック・パラリンピック」では、サッカー、野球、ソフトボール競技の開催が予定されています。この大きな節目に向けて、新たな客船ターミナルやMICE施設の整備も進んでおり、こうした事業に直接関われることも、横浜市の魅力です。
 今まさに建設中の新市庁舎も、2020年に竣工、稼働する予定です。
 横浜市は、皆さんを「チーム横浜」の一員に迎え、お一人おひとりが業務を通じて豊かに成長できるよう、全力でサポートしていきます。ぜひ、御一緒に取り組んでいきましょう。

林市長の写真です。

横浜市長林文子

このページへのお問合せ

人事委員会事務局調査任用部任用課

電話:045-671-3347

電話:045-671-3347

ファクス:045-641-2757

メールアドレス:ji-ninyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:311-348-844

先頭に戻る