このページの先頭です

平成31年3月 公共工事設計労務単価等の改定に伴う「特例措置」等の実施について

最終更新日 2019年2月25日

記者発表資料

平成31年2月25日

財政局公共施設・事業調整課

上野 慶

電話番号:045-671-3941

ファクス:045-651-7599

 公共工事の積算に用いる「公共工事設計労務単価」及び、公共事業の設計業務委託等の積算に用いる「設計業務委託等技術者単価」は、原則4月に改定するところ、市場実態等を的確に反映し、適正な予定価格を設定するため、国と同様昨年に引き続き改定を前倒し、平成31年3月に改定します。
 合わせて、公共工事の中長期的な担い手確保等に向け、旧労務単価で積算した工事等について、25年度から始めた「特例措置」、「インフレスライド」を行い、設計測量等業務委託についても、「特例措置」を行います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

財政局公共施設・事業調整室公共施設・事業調整課

電話:045-671-3803

電話:045-671-3803

ファクス:045-651-7599

メールアドレス:za-kokyo@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:749-811-102

先頭に戻る