このページの先頭です

「歴史を生かしたまちづくりセミナー~震災復興橋梁~ in 大岡川」を開催します

最終更新日 2017年8月17日

記者発表資料

平成29年8月17日

都市整備局都市デザイン室

梶山 祐実

電話番号:045-671-2009

ファクス:045-663-4539

 横浜市では、昭和63(1988)年に「歴史を生かしたまちづくり要綱」を制定し、横浜の歴史的景観を形成している歴史的建造物の保全活用を推進しています。また、市民の皆様に広く歴史的景観や歴史的建造物の魅力を知ってもらい、親しんでもらうことを目的として、毎年「歴史を生かしたまちづくりセミナー」を開催しています。
 今年は、横浜の震災復興橋梁をテーマとしたミニレクチャーと、大岡川及び中村川に架かる震災復興橋梁を水辺から見学するクルーズ体験を含んだセミナーを開催します。
 大正12(1923)年の関東大震災によって建物はもとより、横浜の土木施設の多くが崩壊しました。震災後に復興の礎として架けられた橋梁(震災復興橋梁)は、100年近くにわたり市民の皆様の生活を支え、横浜の都市形成においても重要な役割を担ってきました。
 歴史を生かしたまちづくりセミナーは本日から、参加者の募集を開始いたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局企画部都市デザイン室

電話:045-671-2023

電話:045-671-2023

ファクス:045-664-4539

メールアドレス:tb-toshidesign@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:498-663-310

先頭に戻る