このページの先頭です

特定景観形成歴史的建造物として旧藤本家住宅主屋及び東屋を指定しました!~古民家を歴史的景観の魅力を生かした公園施設として活用整備します~

最終更新日 2016年11月15日

記者発表資料

平成28年11月15日

都市整備局景観調整課

飯島 悦郎

電話番号:045-671-2006

ファクス:045-663-8641

 このたび、鶴見区馬場花木園(風致公園)拡張予定地内に現存する古民家「旧藤本家住宅主屋及び東屋」を歴史的な景観を活かしながら保存、活用整備するため、横浜市魅力ある都市景観の創造に関する条例(景観条例)に基づく「特定景観形成歴史的建造物」として指定しましたので、お知らせします。
 平成29~30年度に拡張予定地を公園として整備し、その後、主屋及び東屋は公園施設として公開する予定です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

都市整備局地域まちづくり部景観調整課

電話:045-671-2648

電話:045-671-2648

ファクス:045-550-4935

メールアドレス:tb-keicho@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:341-726-286

先頭に戻る