このページの先頭です

「感震ブレーカー設置補助」の補助要件を緩和します!

最終更新日 2017年10月5日

記者発表資料

平成29年10月5日

総務局危機管理課

姫浦 尊

電話番号:045-671-4360

ファクス:045-641-1677

 大地震の際に起こる火災の多くは、電気による出火が原因です。
 大地震による停電後の復旧時に火災が発生する電気火災を防ぐため、横浜市では、地震等による大きな揺れを感知したときにブレーカーなどを自動で落として、電気を止める感震ブレーカー設置の補助を、平成25年度から行っております。
 平成29年度は、自治会町内会向けに、「簡易タイプ」の感震ブレーカーの設置補助を行っていますが、より申し込みやすくするため、補助要件を緩和します。
 引き続き、この制度をご利用いただき、自治会町内会内の概ね5割以上の設置率を目指します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局危機管理部危機管理課

電話:045-671-2171

電話:045-671-2171

ファクス:045-641-1677

メールアドレス:so-kikikanri@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:246-260-000

先頭に戻る