このページの先頭です

テレワーク(在宅勤務)及び横浜版フレックスタイム制度の試行を実施します

最終更新日 2017年6月2日

記者発表資料

平成29年6月2日

総務局行政・情報マネジメント課

大塚 尚子

電話番号:045-307-0302

ファクス:045-664-5917

横浜市では、子育てや介護などの事情により時間的な制約を抱える職員の増加が見込まれる中、ワーク・ライフ・バランスの推進の観点から、多様で柔軟な勤務形態について検討を進めています。
このたび、テレワーク(在宅勤務)及び横浜版フレックスタイム制度の試行を実施し、その効果と課題を検証することとしました。テレワークは、昨年度の試行より対象者を拡大した2度目の試行となります。「横浜版フレックスタイム制度」は、時差出勤制度とフレックスタイム制の要素を組み合わせた本市独自の制度で、今回初めて試行します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

総務局しごと改革室行政・情報マネジメント課

電話:045-307-0307

電話:045-307-0307

ファクス:045-664-5917

メールアドレス:so-gyosei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:549-611-471

先頭に戻る