このページの先頭です

内閣官房ホストタウンアクション/日英交流年 UK in Japan 2019-20 プレ企画 公民連携でインナーハーバー地区の再生を考える共創ラボを開催します!

最終更新日 2019年2月1日

記者発表資料

平成31年2月1日

市民局オリンピック・パラリンピック推進課

田中 礼子

ダイバーシティ、インクルージョン、オープンイノベーションの視点から、インナーハーバー地区(横浜駅周辺、新高島地区、ポートサイド地区等)を公民連携でどのように再生していくかをテーマとした共創ラボを開催します。
今回の「共創ラボ」では英国よりグローバル・ディスアビリティ・イノベーション・ハブ(GDI-Hub)のイアン・マッキノン氏をお招きし、ロンドン2012オリンピック・パラリンピックの開催を契機として誰もが住みやすい街づくりを実現した英国の事例を伺います。また、関連する企業やNPO、学校教育機関等と共にワークショップやフォーラムを実施します。
横浜市は東京2020大会において英国のホストタウンとなっており、今回は横浜市のホストタウンアクション第2弾として開催します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

市民局オリンピック・パラリンピック推進部オリンピック・パラリンピック推進課

電話:045-671-3697

電話:045-671-3697

ファクス:045-664-1588

メールアドレス:sh-olypara@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:567-297-118

先頭に戻る