このページの先頭です

「横浜市が英国の「ホストタウン」として登録されました!」について

最終更新日 2016年1月26日

記者発表資料

平成28年1月26日

市民局大規模スポーツイベント課

守屋 大介

電話番号:045-671-3645

ファクス:045-664-0669

横浜市では、東京2020オリンピック競技大会における英国オリンピック代表チームによる事前キャンプの受入を契機として、国(内閣官房)が主導する「ホストタウン構想」に、英国を相手国とする交流計画を作成し、申請していましたが、本日「ホストタウン関係府省庁連絡会議」で登録が認められました。
 なお、今回の第一次登録では、本市を含む44件が登録されたとの発表がありました。

ホストタウンとしての登録を契機に、今後、英国オリンピック代表チームや駐日英国大使館と連携しながら、英国と、スポーツをはじめ、文化・芸術、経済、教育など様々な分野において交流を深め、市民の皆様と英国オリンピック代表選手との交流など、幅広い交流機会をつくっていきます。
また、同じく英国オリンピック代表チームの事前キャンプを受け入れる川崎市も、英国のホストタウンとして登録されましたので、市域を超えて相互に連携しながら、英国との交流を進めていきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

市民局

前のページに戻る

ページID:597-842-773

先頭に戻る