このページの先頭です

モバイルファーマシー(災害対策医薬品供給車両)を横浜薬科大学、横浜市薬剤師会、横浜市が連携して運用します

最終更新日 2018年12月11日

記者発表資料

平成30年12月11日

政策局共創推進課

梅澤 厚也

電話番号:045-671-4394

ファクス:045-664-3501

 このたび、学校法人都築第一学園 横浜薬科大学(理事長 都築 仁子)、一般社団法人 横浜市薬剤師会(会長 寺師 三千彦)及び横浜市(市長 林 文子)は、大規模災害の発生時等に薬局機能を維持・補完するモバイルファーマシー(災害対策医薬品供給車両)を連携して運用することに合意し、平成30年12月10日に連携協定を締結しました。
 モバイルファーマシーの車両は、平成31年2月末に1台目が完成し、政令指定都市としては全国で初めて3月から運用を開始する予定です。また、大都市における広域運用の必要性を踏まえ、来年10月には2台目(給水車の牽引が可能なタイプ)を配備し、水道等のライフラインに支障がある場合にも、自律的な医薬品供給等に対応する予定です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

政策局共創推進室共創推進課

電話:045-671-4391

電話:045-671-4391

ファクス:045-664-3501

メールアドレス:ss-kyoso@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:226-445-331

先頭に戻る