このページの先頭です

2019年度の市内の温室効果ガス排出量(速報値)6年連続で減少(前年度比2.5%減)

最終更新日 2021年6月7日

記者発表資料

令和3年6月7日

温暖化対策統括本部調整課

宮島弘樹

電話番号:045-671-2336

ファクス:045-663-5110

2019年度の横浜市域からの温室効果ガス排出量(速報値)は、前年度比で2.5%減の1,772万トン-CO₂となり、2013年度をピークに6年連続で減少しました。前年度からの減少要因としては、省エネの取組によるエネルギー消費量の減少や、電力の排出係数の改善などが挙げられます。Zero Carbon Yokohamaの実現に向けて、さらなるエネルギー消費量の削減や再生可能エネルギーの導入が不可欠であるため、今後も市民・事業者の皆様と連携し、温室効果ガスの削減を進めてまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部調整課

電話:045-671-2622

電話:045-671-2622

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-chosei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:745-295-982

先頭に戻る