このページの先頭です

焼却工場と市内家庭の再エネの環境価値を地産地消する電気メニュー「はまっこ電気」の販売を開始します

最終更新日 2021年10月29日

記者発表資料

令和3年10月29日

温暖化対策統括本部プロジェクト推進課

岡崎 修司

電話番号:045-671-2636

ファクス:045-663-5110

 横浜市は、「Zero Carbon Yokohama(2050年までの脱炭素化)」の実現に向けて、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の普及・拡大に取り組んでいます。
 この度、再エネの地産地消の新たな取組として、本市焼却工場の再エネ(バイオマス)と市内家庭の太陽光発電による再エネを活用した、市内事業者向けの電気メニュー「はまっこ電気」の販売を11月1日(月曜日)より開始します。
 今後、公民連携で地産地消の取組を推進してまいります。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:741-826-535

先頭に戻る