このページの先頭です

政令市初!「横浜市SDGs認証制度”Y-SDGs”」の認証取得を目指す事業者に対し、制度を活用した金融機関による融資が行われました。

最終更新日 2020年12月25日

記者発表資料

令和2年12月25日

温暖化対策統括本部SDGs未来都市推進課

高橋知宏

電話番号:045-671-3901

ファクス:045-663-5110

横浜市は、SDGs未来都市・横浜の実現に向け、ヨコハマSDGsデザインセンター(以下「デザインセンター」)が中心となり、身近な課題解決を世界の課題解決につなげる様々な取組を、市民・事業者の皆様との連携により進めています。
横浜市は、本年11月に「横浜市SDGs認証制度“Y-SDGs”」(以下「Y-SDGs」)の第1回認証事業者(29事業者)を発表し、企業・団体等(以下「事業者」)の皆様がY-SDGsを活用しSDGsに取り組むことで、持続可能な経営・運営への転換、新たな顧客や取引先の拡大、さらには、投資家や金融機関がESG投資等の投融資判断への活用につなげることを目指し、運用を進めています。
この度、株式会社三井住友銀行(頭取CEO:髙島 誠)が“Y-SDGs”の認証取得を目指す市内企業ヤマシンフィルタ株式会社(代表取締役社長:山崎 敦彦)に対し、“Y-SDGs”を活用した融資を行いました。今回、三井住友銀行が本融資にあたり、株式会社日本総合研究所(代表取締役社長:谷崎 勝教)とともに、ヤマシンフィルタが作成した認証取得に必要となるチェックシートを確認し、SDGsへの取組や、非財務情報の評価に活用したものです。
本件は、“Y-SDGs”を活用した第1号の融資であり、自治体が構築したSDGsに関する認証制度が、金融機関の融資において活用された事例としては、政令市初となります。
今後、ますます多くの金融機関等の投融資にあたり“Y-SDGs”が活用され、市内外の事業者によるSDGsの取組支援につながることを期待するとともに、市民・事業者の皆様にSDGsを実感・体感いただける取組を、引き続き進めてまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部SDGs未来都市推進課

電話:045-671-4371

電話:045-671-4371

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-mirai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:299-625-052

先頭に戻る