このページの先頭です

ラグビーワールドカップ2019 TMの開催に伴い排出された二酸化炭素約308 t-CO2を市民・事業者の削減努力によりオフセットできました

最終更新日 2020年4月27日

記者発表資料

令和2年4月27日

温暖化対策統括本部プロジェクト推進課

岡崎修司

電話番号:045-671-2636

ファクス:045-663-5110

横浜市では、「ZeroCarbonYokohama(ゼロ・カーボン・ヨコハマ)」を目指す取組のひとつとして、平成30年7月より、ラグビーワールドカップ2019TM等の大規模国際スポーツイベントへ向けた「横浜カーボンオフセットプロジェクト」に取り組んでいます。
このたび、本事業に応募いただいた市民・事業者のCO2削減分を用いて、ラグビーワールドカップ2019TMの横浜市内での開催に伴い排出された約308t-CO2のカーボンオフセットを行い、差し引き排出ゼロとなりました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:413-403-314

先頭に戻る