このページの先頭です

電気自動車を活用したVPP構築実証事業を開始します!

最終更新日 2019年6月4日

記者発表資料

令和元年6月4日

温暖化対策統括本部プロジェクト推進課

岡崎 修司

電話番号:045-671-2636

ファクス:045-663-5110

横浜市は、「Zero Carbon Yokohama」を掲げ、地球温暖化対策・エネルギー施策を強化し、持続可能な大都市モデルの実現に向けた取組を進めています。
その一環として、横浜スマートシティプロジェクト(YSCP)の実証成果を生かし、公民連携でバーチャルパワープラント(VPP)構築事業の取組を展開しています。

このたび、横浜市は東京電力エナジーパートナー株式会社他5社が行う経済産業省のVPP実証事業の協働自治体として、電力系統とEV/PHEVの蓄電池との双方向間で電力需給調整を行うV2G事業(Vehicle to Grid)の実証事業に参画します。

この中で横浜市は旭土木事務所を実証フィールドとして提供します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:361-335-390

先頭に戻る