このページの先頭です

横浜産「カンナ削りの木のストロー」SDGsストロー・ヨコハマを市内ホテルで提供開始します!

最終更新日 2020年2月5日

記者発表資料

令和2年2月5日

温暖化対策統括本部SDGs未来都市推進課

高橋知宏

電話番号:045-671-4371

ファクス:045-663-5110

横浜市は「SDGs未来都市・横浜」の実現に向けて、「ヨコハマSDGsデザインセンター(以下「デザインセンター」)」を中心に、市民・企業・大学等と連携し取組を進めています。
デザインセンターでは、山梨県道志村内の横浜市が保有する水源林の間伐材を原材料とし、市内企業の特例子会社等で障害者の方々が製作する横浜産「カンナ削りの木のストロー」SDGsストロー・ヨコハマの普及拡大を様々な主体との連携により進めています。なお、品質管理は本ストローを開発した株式会社アキュラホームが担っています。
この取組では、プラスチックごみ対策に留まらず、SDGs未来都市・横浜が目指す、環境・経済・社会的課題の統合的解決と、SDGsを意識したライフスタイルの定着を目指します。
この度、この取組の主旨に賛同いただいた、横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(横浜市西区北幸)が、本日2月5日から、ホテル内レストランにて本ストローの提供を開始しました。
引き続き、デザインセンターでは、ヨコハマ・ウッドストロー・プロジェクトとして、本ストローを市内をはじめとする飲食店・ホテル等へ広く普及・拡大を進め、市民・事業者の皆様への実感や体感を通じたSDGsの浸透を図っていきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部SDGs未来都市推進課

電話:045-671-4371

電話:045-671-4371

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-mirai@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:883-311-571

先頭に戻る