このページの先頭です

2016年度の市内の温室効果ガス排出量(速報値)前年度と比較して2.6%減少

最終更新日 2018年3月28日

記者発表資料

平成30年3月28日

温暖化対策統括本部調整課

山形 珠実

電話番号:045-671-2336

ファクス:045-663-5110

 2016年度の横浜市域からの温室効果ガス排出量(速報値)は、前年度比で2.6%減の1,884万トン-CO2と、震災以降3年連続で減少しました。前年度と比べて排出量が減少した要因としては、エネルギー消費量の減少や、電力の排出係数の改善に伴う電力由来の二酸化炭素排出量の減少が挙げられます。今後も市民・事業者の皆様と連携し、引き続き省エネや再エネ等の推進による温室効果ガスの削減を進めてまいります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部調整課

電話:045-671-2622

電話:045-671-2622

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-chosei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:706-936-218

先頭に戻る