このページの先頭です

本市「ブルーカーボン」の提案がCNCAイノベーションファンド事業に採択-海外の補助金を活用し「ブルーカーボン」の新たな展開を開始-

最終更新日 2017年9月28日

記者発表資料

平成29年9月28日

温暖化対策統括本部調整課

池上 武史

電話番号:045-671-2683

ファクス:045-663-5110

 横浜市は、2050年までに80%以上の温室効果ガス削減という高い目標を掲げた都市によるネットワークCNCA(Carbon Neutral Cities Alliance)のアジア唯一の会員都市として、温暖化対策分野での連携を行ってきました。CNCAでは、会員都市を対象に温室効果ガス削減に向けた革新的なプロジェクトを公募し、採択された提案に補助金を助成するCNCAイノベーションファンド事業が行われており、本市は、これまで取り組んできた「横浜ブルーカーボン」に加え、都市の特性に着目したブルーカーボンによる温暖化対策をさらに推進するプロジェクトを提案しておりました。
 この度、提案内容の先進性及び本市の温暖化対策分野での海外との連携実績などが高く評価され100,000アメリカドルの補助を受けることになりましたので、お知らせします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部調整課

電話:045-671-2622

電話:045-671-2622

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-chosei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:591-833-754

先頭に戻る