このページの先頭です

「仮想の発電所」(バーチャルパワープラント)を公民連携で構築します!~横浜市・東京電力エナジーパートナー(EP)株式会社・株式会社東芝と基本協定を締結~

最終更新日 2016年7月6日

記者発表資料

平成28年7月6日

温暖化対策統括本部プロジェクト推進課

岡崎 修司

電話番号:045-671-2636

ファクス:045-663-5110

このたび、横浜市・東京電力EP・東芝の3者が協力して、電力のピーク需要に対応するため、地域に多くの蓄電池を設置し、一つの発電所のように使う新たな仕組み「仮想の発電所」の構築に取り組みます。
この取組を通じて、現在国が目指している節電取引市場(2017年に予定)の形成に貢献していきます。
なお、設置される蓄電池は非常時には防災用電力として使用することができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

温暖化対策統括本部企画調整部プロジェクト推進課

電話:045-671-4155

電話:045-671-4155

ファクス:045-663-5110

メールアドレス:on-project@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:310-578-229

先頭に戻る