このページの先頭です

~東京湾における船舶へのLNGバンカリング事業化に着手~横浜港を母港とするLNG燃料供給船の建造が始まります

最終更新日 2019年2月27日

記者発表資料

平成31年2月27日

港湾局政策調整課

成田 公誠

電話番号:045-671-2877

ファクス:045-671-7310

 横浜市は、2020年に始まる国際的な船舶の排出ガス規制強化に対応するため、横浜港をLNG(液化天然ガス)バンカリング拠点とする取組を、国や横浜川崎国際港湾株式会社(以下、「YKIP」)とともに進めてきました。
 このたび、YKIPも参画するエコバンカーシッピング株式会社(本社:横浜市、2018年11月設立)が、ジャパンマリンユナイテッド株式会社(本社:横浜市)と、横浜港を母港とするLNG燃料供給船の建造契約を締結しました。
 今後、STS方式による、船舶向けLNGバンカリング事業を2020年度中に開始することを目指して取組を進めます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局政策調整部政策調整課

電話:045-671-7165

電話:045-671-7165

ファクス:045-671-7310

メールアドレス:kw-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:242-668-065

先頭に戻る