このページの先頭です

横浜港と苫小牧港との協力体制構築のため連携協定を締結しました

最終更新日 2018年3月27日

記者発表資料

平成30年3月27日

港湾局物流運営課

岩上 教行

電話番号:045-671-7260

ファクス:045-671-0141

 横浜港では、戦略港湾としての基幹航路の維持・拡大を目指し、国際フィーダー航路の拡充など、積極的な施策を展開しています。
 一方、苫小牧港では、韓国、中国、北米との国際定期コンテナ航路やフェリー、RORO船、コンテナ船の国内定期航路が就航しており、物流を支える港づくりに取り組んでいます。
 このたび、これまでの両港の取組を活かしながら、相互協力体制を構築するため、協定を締結しました。
 なお、今年度、横浜港と地方港湾との協定締結は、岩手県内港湾(平成30年度2月)に続き2件目となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局港湾物流部物流運営課

電話:045-671-7260

電話:045-671-7260

ファクス:045-671-0141

メールアドレス:kw-butsuryuuunei@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:392-377-399

先頭に戻る