このページの先頭です

横浜港の強制水先の緩和がスタート! ~横浜港の強制水先の対象船舶が8月1日から1万総トン以上へ~

最終更新日 2015年7月29日

記者発表資料

平成27年7月29日

港湾局港湾経営課

有路 益義

電話番号:045-671-2873

ファクス:045-671-0141

 国土交通省海事局(以下国)によって「横浜川崎区の強制水先に関する検討会」が平成26年2月に設置され、その中で、横浜港の強制水先対象船舶が、危険物積載船を除いて3千総トンから1万総トンへ緩和されることが決定しました。
これを受け、水先法施行令が改正され、いよいよ、横浜港の積年の課題であった強制水先対象船舶の緩和が8月1日に実施されます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

港湾局

前のページに戻る

ページID:635-785-035

先頭に戻る