このページの先頭です

南本牧ふ頭MC-3コンテナターミナルの利用拡大について

最終更新日 2015年7月10日

記者発表資料

平成27年7月10日

港湾局港湾経営課

有路 益義

電話番号:045-671-2873

ファクス:045-671-0141

 南本牧ふ頭MC-3コンテナターミナルは、借受者である三菱倉庫株式会社により、本年4月より供用を開始しました。
 このたび、大黒ふ頭C-4ターミナル借受者である日本郵船株式会社から、横浜港における「基幹航路の維持・拡大」、「コンテナ取扱量の増加」を図るため、南本牧ふ頭MC-3ターミナルを拠点とする意向が示されました。

 南本牧ふ頭MC-3ターミナルの借受者である三菱倉庫株式会社は、南本牧ふ頭MC-1・2との一体利用によるスケールメリットを活かし、外貿・内貿貨物の取扱い拠点として一層の活用を図る計画であります。
 これらについては、横浜港の国際コンテナ戦略港湾施策と合致するものであり、今後「基幹航路の維持・拡大」、「トランシップ貨物」の拠点化推進に貢献するものと、大いに期待しています。


■開始時期・・・・関係者の調整、協議等が整い次第

このページへのお問合せ

港湾局

前のページに戻る

ページID:424-351-019

先頭に戻る