このページの先頭です

区役所におけるひきこもり等の困難を抱える若者の専門相談

最終更新日 2017年4月19日

記者発表資料

平成29年4月19日

こども青少年局青少年相談センター

内田 太郎

電話番号:045-260-6613

ファクス:045-262-4156

 学校での友人関係や就職活動のつまずきなどによって、不登校やひきこもり状態になってしまう若者がいます。市内には、ひきこもり等の困難を抱える若者(15~39歳)が少なくとも8,000人いると推計されています。(平成24年「横浜市子ども・若者実態調査」)
 本市では、こうした若者の支援機関として「青少年相談センター」「地域ユースプラザ」「若者サポートステーション」があり、自立に向けた様々な支援を行っていますが、まだ、こうした支援につながっていない方も多く、課題となっていました。
 そこで、このたび新たに5月中旬から全区役所で毎月2回、「ひきこもり等の困難を抱える若者の専門相談」を実施します。市民にとって身近な区役所で実施することによって、より多くの若者や、そのご家族を適切な支援につなげます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

こども青少年局青少年部青少年相談センター

電話:045-260-6615

電話:045-260-6615

ファクス:045-262-4156

メールアドレス:kd-soudan@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:345-143-954

先頭に戻る