このページの先頭です

「新たな住宅セーフティネット制度」がはじまります 「空き家を高齢者・障害者などが入居しやすい住宅として登録する制度」受付開始!

最終更新日 2017年10月25日

記者発表資料

平成29年10月25日

建築局住宅政策課

磐村 信哉

電話番号:045-671-2917

ファクス:045-641-2756

マンションの空き室や戸建ての空き家などのオーナーが、空き室や空き家を「住宅確保要配慮者※1の入居を拒まない※2賃貸住宅」(セーフティネット住宅)として横浜市に登録し、国がホームページで入居希望者に紹介する制度が平成29年10月25日から登録受付を開始します。
※1 住宅確保要配慮者:住宅セーフティネット法に規定される低額所得者、高齢者、障害者、 子育て世帯、被災者など
※2 入居を受け入れる住宅確保要配慮者の範囲は登録時にオーナーが選択できます。 (高齢者・障害者の入居を受け入れるなど)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局住宅部住宅政策課

電話:045-671-3975

電話:045-671-3975

ファクス:045-641-2756

メールアドレス:kc-jutakuseisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:566-573-798

先頭に戻る