このページの先頭です

子育て世帯の住宅取得支援に向けて、住宅金融支援機構と協定を締結 ~省エネ住宅関連の補助制度申請者が「フラット35子育て支援型」を利用可能に!~

最終更新日 2017年5月25日

記者発表資料

平成29年5月25日

建築局住宅政策課

磐村 信哉

電話番号:045-671-2917

ファクス:045-641-2756

 横浜市では、「横浜市子ども・子育て支援事業計画」に基づき、産まれる前から青少年期までの切れ目のない子ども・子育て支援施策を展開しています。
 それらの施策に加え、子育て世帯が必要とする良質で魅力的な住宅の取得支援に向けて、住宅金融支援機構と本日協定を締結しました。良質な住宅ストックの形成に向けた横浜市の補助制度「横浜市住まいのエコリノベーション(省エネ改修)補助」及び「横浜市ZEH普及促進補助」と、住宅金融支援機構が提供する住宅ローン「フラット35子育て支援型」の連携により、所定の要件を満たした補助制度申請者は同住宅ローンの利用対象となり、金利引下げ(当初5年間、年▲0.25%)を受けることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

建築局住宅部住宅政策課

電話:045-671-3975

電話:045-671-3975

ファクス:045-641-2756

メールアドレス:kc-jutakuseisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:118-796-910

先頭に戻る