このページの先頭です

外来種アライグマの目撃増加 小学生1万人超の調査で明らかに ~こども「いきいき」生き物調査2018 調査結果のお知らせ~

最終更新日 2019年1月30日

記者発表資料

平成31年1月30日

環境創造局環境科学研究所

百瀬 英雄

電話番号:045-453-2550

ファクス:045-453-2560

横浜市環境科学研究所では、平成30(2018)年の夏休みに、横浜市立小学校342校の児童を対象に、家や学校の近くで見つけた生き物を報告してもらう市内全域調査を実施しました。181校、11,517人の児童からの回答結果がまとまりましたので、お知らせします。
4年前の調査結果と比較したところ、外来種であるアライグマやハクビシンの確認率の増加や、カワセミの確認率の減少など、今後の生物多様性保全に資する貴重な情報を得ることができました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

環境創造局政策調整部環境科学研究所

電話:045-453-2550

電話:045-453-2550

ファクス:045-453-2560

メールアドレス:ks-kanken@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:236-825-309

先頭に戻る