このページの先頭です

「2025年問題」へ挑戦する「医療の視点」第1弾 展示に隠れたメッセージを見つけられるか!?医療エンターテインメントイベント「視点を変える展」 公式アンバサダーとしてつるの剛士さんがイベント登壇

最終更新日 2018年11月5日

記者発表資料

平成30年11月5日

医療局医療政策課

医療局副局長 深川 敦子

電話番号:045-671-4804

ファクス:045-664-3851

 横浜市では、急速な高齢化により医療需要の増加が見込まれていますが、特に、現在医療を必要としていない方にとっては、医療に関する情報は自分のこととして捉えにくいことを踏まえ、民間企業等と連携しながら医療広報を実施する「医療の視点」プロジェクトを始動しました。
 第1弾アクションとして「視点を変える展」を開催します。様々な企業等のご協力のもと、クリスマスにちなんだ企画を多数ご用意しており、休日のお出かけの通りがかりに立ち寄って、楽しく医療を知れるイベントです。
 さらに、公式アンバサダーとしてつるの剛士さんに、オープニングセレモニーに登壇いただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

医療局医療政策部医療政策課

電話:045-671-2466

電話:045-671-2466

ファクス:045-664-3851

メールアドレス:ir-seisaku@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:247-032-306

先頭に戻る