このページの先頭です

横浜市立市民病院で5月から「最新の脳動脈瘤治療を開始!」~「フローダイバーター留置術」、県内で2施設目~

最終更新日 2018年4月27日

記者発表資料

平成30年4月27日

医療局病院経営本部

岸田 純也

電話番号:045-331-7721

ファクス:045-332-5599

 横浜市立市民病院では5月1日(火)から、大型の脳動脈瘤の最新治療である「フローダイバーター留置術」による治療を開始します。脳動脈瘤は破裂すると、くも膜下出血など生命にかかわる危険性があり特に大型のものはこれまでは治療が困難でしたが、新しい治療法により、高い治療効果が期待できます。この治療が可能な病院は、当病院を含め神奈川県内で2施設のみです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

市民病院管理部総務課

電話:045-316-4580

電話:045-316-4580

ファクス:045-316-6580

メールアドレス:by-sh-somu@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:676-284-015

先頭に戻る