このページの先頭です

韓国「済州耽羅(たむな)文化祭」に和太鼓奏者 ヒダノ修一氏を中心とした芸術団を派遣!

最終更新日 2017年10月10日

記者発表資料

平成29年10月10日

文化観光局文化プログラム推進課

松元 公良

電話番号:045-671-3404

ファクス:045-663-1928

 2014年に日本・中国・韓国の国家プロジェクトとして開始された「東アジア文化都市」において横浜市が日本初代都市を務めて以降、横浜市は日中韓3か国の相互理解促進のため、文化芸術を通じた交流を行っています。
 この度、2016年に東アジア文化都市事業を実施した韓国済州特別自治道から招へいを受け、「済州耽羅文化祭」に、横浜出身・在住で、日本を代表する太鼓奏者であるヒダノ修一氏を中心とした「ヒダノ修一 NEW TAIKO PROJECT」を派遣しました。
 済州特別自治道の中心部で行われたパレード・公演では、沿道や公演会場を埋め尽くした観客の皆様から大きな声援をいただき、横浜の魅力を発信できました。また、小学校を訪問して行ったワークショップでは、現地の多くの小学生とふれあうことができました。

PDF形式のファイルを開くには、別途PDFリーダーが必要な場合があります。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページへのお問合せ

文化観光局文化プログラム推進部文化プログラム推進課

電話:045-671-3404

電話:045-671-3404

ファクス:045-663-1928

メールアドレス:bk-bunkaprogram@city.yokohama.jp

前のページに戻る

ページID:990-061-628

先頭に戻る