このページの先頭です

林文子横浜市長からの新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の解除に関する市民、市内事業者の皆様に向けたメッセージ

最終更新日 2020年5月28日

動画

メッセージ全文

 市民の皆様 市内事業者の皆様
 市長の林文子です。

 5月25日、神奈川県を含む5都道県を対象とした「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が解除されました。
 皆様には、7週間にわたり、不要不急の外出自粛、休業や時短営業など、感染拡大防止に大変ご協力をいただき、このたびの解除となりました。心より感謝申し上げます。

 市民利用施設や市民サービス、横浜市主催のイベント等については、万全の感染対策を講じた上で、6月1日以降、速やかに再開します。
 市立学校は、6月1日から「分散登校」「短時間授業」などを実施し、段階的に再開していきます。今年は夏休みが短くなるなど、例年とは異なる学校運営となっています。子どもたちのことを第一に考え、横浜市を挙げて、全力でサポートしていきます。

 横浜市は、6月の市会に向け、第二波に備えた感染症対策と、国の2次補正予算を踏まえた更なる「くらし・経済対策」を準備しています。当初、予定していたオリンピック・パラリンピックの事業費を「くらし・経済対策」の財源に充てるなど、今年度予算の一部を柔軟に見直しています。

 経済が回らなければ、市民の皆様の暮らしも立ち行かなくなります。横浜市は、一刻も早く、社会経済活動を回復軌道に乗せ、新たな日常を創り出していきます。
 業種の区別なく休業を解除した神奈川県の方針を受け、事業者の皆様の感染症対策や啓発活動をご支援してまいります。あわせて、感染拡大の第二波が来ることに備え、今後も十分な医療体制を整えていきます。
 市民の皆様には、引き続き、感染拡大防止のため、「新しい生活様式」の実践をお願いいたします。

 ご一緒に、この困難を乗り越えてまいりましょう。
 どうぞよろしくお願いいたします。

林文子横浜市長サイン

関連リンク

前のページに戻る

ページID:426-660-892

先頭に戻る